クラーク高校フィッシングゼミ

fishzemi.exblog.jp ブログトップ

激闘!Aチーム

 さいたまキャンパスはまたまた熱い1日を過ごしました。

さいたまキャンパスのゼミ紹介の釣りゼミの紹介内容を改めて見て見ると

「釣り堀で、または渓流釣り・海釣りを体験する」

?????何これ?????

せめて「釣りを媒介として水辺の自然科学を学習する。」ぐらいにしておいて欲しかったですね。編集の担当教官の先生、来年は頼みますよ。



d0137029_2021493.jpg


今回の実習地はさいたま市の南区、JR埼京線中浦和駅からほど近い、別所沼公園の池です。

ここはもともとあった別所沼という場所が、公園になったのです。今は住宅地で、コンビニもすぐそばにあり非常に便利ですが、以前は田んぼの中でした。

ここにはコイ、フナ、タナゴ、モツゴ(クチボソ)が生息していて、後はだれかが密放流したブラックバスとブルーギルもいるそうです。

集合したAチームは1年生ばかり。2年生は校内行事でいないのです。

大物を狙うチームと小物チームに分け、小物は男子2名だったので引率の黒須先生にお願いし、大物チームを担当しました。小物組のS君はみんなが準備している間にすぐにクチボソを釣りました。立派立派。

まず、仕掛けは道糸3号に4号ハリス付きのがまかつヘラスレ(鯉用)11号を接続、エサはパンということで、パンを買いに行ってもらいました。

 コイガ掛かるとこんな引きをするよとハリを持って引っ張り、掛かったらロッドを立てるのだ、さもなくば一直線になって切られてしまうと説明しました。みんな笑ってましたが

最初のモデル、W君にすぐにヒット、「パクッ}ギュン、バチン、これをて秒殺と言います、、、、、。

W君は震えてました、、、。
d0137029_2053847.jpg


次は女子Yちゃんに、なんと1mクラスのソウギョが、、、。ドバドバドバ、、、、、

これは惜しかったデス。ネット寸前でラインブレイク!

続いてRちゃん。これはいいぞ、ロッドの曲がりを十分に活かしています。
W君がネットを持って駆けつける。無事ネットイン!やった。60cmぐらいか?
「腕が痛い」と言いながらRちゃん大喜び。

d0137029_2055340.jpg


d0137029_206264.jpg

と、Mちゃん「先生、イトください。」、、、、、。

「切られました。」

仕掛けを作り直し、、。

なんてことを繰り返しながらMちゃんにやや小ぶりがヒット。これをMちゃんがネットインさせ無事ランド。ランドとは陸という意味で、すな割、キャッチしたということです。

d0137029_207237.jpg


d0137029_2073355.jpg


私はネットを手伝いません。生徒同士が助け合ってやるのがいいのです。大物をすくうことに慣れておいたほうがいいのですよ。

途中、小物眼人から釣ったタナゴを見せてもらいました。

d0137029_20121930.jpg


d0137029_20122710.jpg


実習先で出会った一般の方々と会話をするのは非常に大切なことだと思います。
今度から何人の人と会話をして情報収集ができたかを実習ないように取り込みましょうね。


最終的にはW君が20分の激闘の末、止めた75cmが大物でした。


d0137029_2011493.jpg

d0137029_2012145.jpg



それにしても大物が連発、ロッドが折れなくても穂先のリリアンが切れちゃったりしました。リリアンが切れると仕掛けの作り直しができないので、そこでリタイヤとなります。

 私が用意した2本の大物竿はグラスロッドは折れちゃいましたし、W君がリリアン切られた後、私が貸したロッドで前述の75cmを釣ったのですが、その後、Mちゃんがデカイのを掛けたらその高級なからまんトップも抜けてしまいました。

d0137029_20135669.jpg


d0137029_2014954.jpg
d0137029_20142174.jpg

 さて時間になり、戻ってみると小物組は1尾づつクチボソを釣ってました。もっと釣れるはずなのに、、、、。次回は頑張ってください。


それとネット。次回から大物釣りをする人は各自で、少なくとも2人に1本はネットを用意しましょう。すくえないとせっかくの大物も逃げられてしまいますよ。


次週はBチーム。経験豊かな3年生が大半を占めるので楽しみです。ネット忘れるなよ。私は次週は小物釣りをします。

 
[PR]
by fishzemi | 2010-07-03 20:03 | さいたまキャンパスレポート
line

フィッシングゼミのご案内・報告です。


by fishzemi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite