クラーク高校フィッシングゼミ

fishzemi.exblog.jp ブログトップ

そしてビッグフィッシュ


d0137029_15361581.jpg


東京キャンパスは6月13日(金)に朝霞ガーデンで実習を行った。
 ここでの実習は、朝霞ガーデン社長の木村氏の社会貢献的配慮で、実施させていただいている。

 本日集まった15名のうち、手馴れた女子(マコリン)はまだ誰も準備は終わっていないときに、一人でさっさと釣り開始、いきなり連発。
 10尾ほど釣ったところでイワナが釣れた。それを記念写真に撮り、今度は後輩の指導を。
 マコリンに遅れること10数分。男子生徒も釣れだした。
 今回は自分で巻いたフライで釣るのがテーマ。
 さっそく「あ~見破られた。」とか、「ヤッタあ~、釣れたあ。」とか寒気、いや歓喜の声が次々に上がった。

 フライフィッシングは自転車に乗るのといっしょ。最初はぎこちないが慣れればスイスイ。

 なぜマコリンなのか?それは、感性がいいこともさることながら、彼女は熱心だ。男子生徒の中にあって紅一点、マドンナてき存在だが、ちやほやされているわけでもない。

 逆に1年生に「マコ先輩に聞きなさい。」と指導すると、恥ずかしがってしまうほどだ。

 で、マコリンは大型ニジマスを立て続けに釣ったりして、今日のテーマは
「マコのトラウト物語」
にしようかと思ってた矢先。に
 キターッ! 大物だ。
 3年生吉澤のロッドがひん曲がっている。
 やってくれたぜ吉澤!3年生のフィッシングゼミ委員長に任命しただけある。ロッドがギュンギュンしなって、やり取りし、透明度もいいのですぐに魚が見えた。

え?

「イトウだ!」
本人よりもネットを持った生徒が興奮している様子。

 そして無事ネットイン。デカイ!60cmだ。

今日は13日の金曜日、ジェイソン・イトウの襲撃だった。

1年生も序々に慣れていってくれたまえ。

d0137029_16124237.jpg

マコが釣ったグッドサイズのイワナ

d0137029_16133842.jpg

余裕で後輩の指導、そして彼等は私よりも先輩の言うことをよく聞く。(笑)

d0137029_16142326.jpg

早くイト結びを覚えなさい。

d0137029_1614557.jpg


ロッドがしなり、そして自分で巻いたフライが、、、。

d0137029_16153649.jpg


お互いの魚をすくい合う。お互いに助け合う。これ自他共楽。

d0137029_16164132.jpg

「前回よりも上手くなったな」と木村社長も誉めてくれた。

d0137029_1537932.jpg

そして吉澤のイトウ・立派、立派!次回も頑張れ!

d0137029_1538826.jpg











 
[PR]
by fishzemi | 2008-06-13 16:18 | 東京キャンパスレポート
line

フィッシングゼミのご案内・報告です。


by fishzemi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite