クラーク高校フィッシングゼミ

fishzemi.exblog.jp ブログトップ

ルアーフィッシング夏期講習パート1

d0137029_19384096.jpg


7月9日から11日の3日間、群馬県の赤城山麓で東京キャンパスのルアーフィッシング夏期講座が行われた。

 1日目と2日目は宮城アングラーズビレッジで、ブラックバス、ストライパーことストライプドバス、そしてアメリカナマズを狙った。

 3日目は大崎つりぼりで、ニジマス狙いだった。

 初日午後、宮城の井上荘士郎社長から歓迎の挨拶があった後に釣り開始。
 ルアーと言うニセモノのエサで魚を騙して釣るからと言うわけで、その原理から解説、そして実際に投げてみた。

 普段から釣りゼミを履修している生徒はすぐに釣れ始め、中でもトップウォーターと言う、水面で動き、魚がそれに食いついてくる瞬間が見えるという、楽しい釣りを展開する生徒も。

 釣りゼミ意外の生徒もコツを掴むと次々にヒットするようになった。ルアーはさいたまキャンパスもお世話になっているマルキューのソフトルアー(ホンモノそっくりの柔らかいルアー)のエコギアが良かった。

 10尾以上釣った生徒はストライパーにチャレンジ。ブラックバスの2回り以上大きいこの魚は、ルアーに食いつかせるのも難しいが、食いついて掛かったあともヤバイ。
 何でかと言うとヒキが半端じゃないからだ。
 で、この日は二人の生徒がゲット。引率の竹澤先生もその腕を発揮し、2尾ゲット。もちろん奥山先生も。

 その夜は、標高の高い「おおさる山乃家」に宿泊、騒ぎすぎて怒られる場面も。

 翌日はブラックバスとナマズ狙い。

写真が1枚しか使えないので、今回は竹澤先生の大物をご覧あれ。
[PR]
by fishzemi | 2008-07-14 19:59 | 東京キャンパスレポート
line

フィッシングゼミのご案内・報告です。


by fishzemi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite