クラーク高校フィッシングゼミ

fishzemi.exblog.jp ブログトップ

夏期講習パート2

 夏期講習の2日目は朝から、ブラックバス班とナマズ班に分かれて釣り開始。
 昨日ブラックバスウィ釣るためにソフトルアーを使う生徒が多かったが、「いや男ならハードルアーで。」とプラグ(プラスティックの小魚型ルアー)で釣ろうと試みるやる気のある生徒もいた。
 ナマズは、宮城アングラーズビレッジオリジナルのマジックワームを使うと良く釣れることが知られているが、私達はマルキューのバイオワームを使った。
 このワームは生エサ(イソメ、ゴカイ)が気持ち悪いという人のために開発された、人工的なエサで、海岸から投げて釣るシロギス釣り等に使われている。
 それをナマズに応用したわけだ。
 果たして、ガイドの皆さんに教えられた生徒たちは、とんでもない引きを味わい、そして「どんな大物が掛かっているのだろう」という期待を大きく裏切る小さなナマズの底力に驚いた。
 最大では3,3kg(写真・伊藤君)というサイズがでたが、スタッフに言わせると5kgを越えるバケモノもいるとか。

 昼食はバーベキュー。大量に用意された肉類があっという間になくなった。

 午後は対象魚を変え、ストライパーを狙う人、ナマズの魅力に取り憑かれた人、そしてやはりじっくりブラックバスを狙う人にわかれ、それぞれの釣りを楽しんでいた。


d0137029_9413955.jpg

[PR]
by fishzemi | 2008-07-15 09:41 | 東京キャンパスレポート
line

フィッシングゼミのご案内・報告です。


by fishzemi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite