クラーク高校フィッシングゼミ

fishzemi.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

上尾園は暑く、東京キャンパスのヘラブナ

d0137029_16505575.jpg



 昨日に続いて東京キャンパスも上尾園でヘラ釣りをした。
オーナーの野本先生と、マルキューからは研究室の長岡先生(エサを作っている人)が来てくれた。
 暑い、熱い日だったがみんなが頑張った。今日マスターしなくても半年後が楽しみだ。
 特筆すべきは、先週ルアーで振るわなかった2名が活躍。競技をしているわけではないけれど、時間内に18尾、17尾を上げてニコニコ。自分にあった釣りっているのがあるんだね。
 
d0137029_16483839.jpg


長岡先生(真ん中)は、奥山先生の北里大学時代の先輩。魚についても詳しいよ。

d0137029_1649152.jpg


全回、ノーフィッシュだった横山クン。今日はトップ賞。これは華麗なるビッグフィッシュ。

d0137029_16501825.jpg

いつも活躍のマコリン。今日も釣り過ぎィ~!
[PR]
by fishzemi | 2008-05-23 16:52 | 東京キャンパスレポート

いよいよ本格的に

d0137029_22315312.jpg
 


さいたまキャンパス2度目の上尾園ヘラブナ釣り実習では、いよいよマイロッドを持ってスタート。しかりと竿掛けも使った。
 マルキューの成井先生に仕掛けの仕組みと作り方を教わった。これが第一段階。
 仕掛けも自分で作って自己確立に向けてのトレーニング開始。エサも自分で作った。これ第2段階。
 そこから釣り開始。これがなかなかうまく行かない。魚はたくさんいるのでアタリは多いけれど、うまくアワセられないで苦労する。これ第3段階。
 すぐにコツを掴んだ生徒もそうでない生徒も、これから修行が始める。釣れるようになったら、「まだ」の仲間をサポートして欲しい。それが自他共楽だから、、、。

d0137029_2232770.jpg

マルキューのヘラブナ教科書「ビギン」を見ながら仕掛けを作る。全員にヘラ竿、仕掛け、ウキ、ビギンを配布した。

d0137029_22351083.jpg

納得の行くアタリをとって、うまくアワセたらこの通り。

来週も木曜日に会おう。仕掛けはあるからすぐに釣り開始だ。
[PR]
by fishzemi | 2008-05-22 22:36 | さいたまキャンパスレポート

東京キャンパスはフライフィッシング

d0137029_9272732.jpg


 5月16日は、朝霞ガーデンで東京の実習を行った。この日はお
休みなのだが、オーーナーの木村社長のご好意で特別にやらせてもらっている。
 運悪く補習に引っ掛かった生徒もいて、出席は約半分強(ちゃんと勉強して引っ掛かるなよ!)
 フライ(毛ばり)をやると言うのに、「オレはルアーで」という2名を除き、全員がフライロッドを持った。
 まずデモンストレーションを見せる。フライは投げるのが難しいとされているが、慣れればこの通り、と水面に落ちたフライ目がけてマスが飛び出してくるのを次々釣り上げて見せる。
 で、みんなに道具を配り始めて見ると、、、。アララ。
 思うように行かない。しかし幸運にも一投目で掛かってしまった1年生冨江君。掛かったはいいけど、どうやってラインを手繰るのかうまく行かない。
 3年のベテラン真子ちゃんがネットを持って駆けつけ、アドバイスしてネットイン。ワケが分からず釣れてしまって、興奮気味。
 さてその後、みんなのフライには次々にニジマスが食いついてくるのだが、上手く掛けられない。
 そんな中で真子ちゃんは次々に釣り上げて男子を驚かせた。
 惜しかったのは花田君と羽鳥君。デッカイサイズが掛かったのだが切られてしまった。このクヤシさを次のステップアップにつなげよう。花田君はマイロッドも持参しヤル気満々であった。
 ルアー組は苦戦。何しろ先生の話を聞かずに勝手に行っちゃったのだから、、、。残念ながら2人で1尾。一人はボウズ。
 次回からは「人の言うことをしっかり聞きなさい」という戒めもした。

 今回はニジマスの他、イワナも釣れた。腕が上がってくればイトウも釣れるだろう。
 
東京キャンパス、次回はヘラブナに挑戦する。

d0137029_9274423.jpg

 
d0137029_92804.jpg


d0137029_9282312.jpg

昨年度の大物チャンピオン山口クン


d0137029_9284392.jpg

真子ちゃん連続ヒット。

d0137029_9292815.jpg


15尾も釣ったとか。「掛かったのはその倍でした。」ゲゲッ、釣りすぎ!

d0137029_930623.jpg


唯一のルアーの釣果

d0137029_930357.jpg

魚の内臓を取って持ち帰りました。塩焼きかな?ムニエルかな?
[PR]
by fishzemi | 2008-05-17 09:33 | 東京キャンパスレポート

さいたまヘラブナ釣り始動!

d0137029_1991984.jpg


 さいたまキャンパス最初の実習は上尾市にある上尾園。大宮から30分ぐらいで到着する。
 ここのオーナー野本昌明さんは、ヘラブナの世界では超有名人でもある。奥山センセイとはダイワ精工のフィールドテスター仲間(奥山はルアー担当)だったので、ここをホームベースに実習をすることを快諾してくれた。
 当日の出席率は素晴らしい。欠席者わずかに2名。立派立派。
 ゲスト講師に世界の釣りエサメーカーのマルキューからヘラブナチームリーダーの成井章先生が来てくれた。練りエサの作り方、ヘラブナ釣りの基本を習っていざ釣り開始。
 人数が多いので集合写真を載せたが、個人的な写真が載らなかった生徒諸君はゴメン。
 随時、目だった釣果、シーンがあったら載せるから楽しみにしてね。
 最高では20尾以上釣った1年生もいた。ヘラブナは「釣りの科学」、じっくり悩んで欲しい。
 今回も活躍は女子。野本先生の教えを忠実に守り、午後も延長して練習した甲斐があったね。

来週も上尾園の予定です。今度はちゃんとしたヘラ竿を使おうね。

d0137029_1994594.jpg

野本先生(左)と青いジャンパーの成井先生の説明を聞く。

d0137029_1995983.jpg

ネリエサを上手く使って釣りました。


d0137029_19101284.jpg

3人グループでタイミングよくダブルヒット!釣れてないのは?


d0137029_19102862.jpg


見よ!女子の勇姿を


d0137029_19114760.jpg

野本先生の指導はバッチリだった。

d0137029_1912899.jpg

本日の最大魚。

d0137029_19122489.jpg

 帽子を忘れたのでタオルを頭に巻きました。みんな今度は日焼け対策も考えようね。
[PR]
by fishzemi | 2008-05-15 19:13 | さいたまキャンパスレポート

浜名湖で

d0137029_18584183.jpg
 

浜松キャンパスの実習は再び浜名湖の舞阪港で行った。
 朝は「こりゃ中止だ。」と思わせるような見事な降りっぷりの雨だったが、奥山センセが東京からの新幹線で到着した頃には太陽が、、、。
 皆さんの日頃の行いですな。と、喜びを分かちつつ、、、。

 現地ではリール竿と、のべ竿(リールなしの渓流竿)チームに別れたら、リール竿チームはすぐに釣り開始。
 のべ竿チームの女子5名は、まず仕掛け作りから、イト結び、コマセ(撒きエサ)作りをじっくりとやり、リール竿チームに遅れること1時間。しかし30分も過ぎるころには、、、、。

 メジナが連発し、その後にのべ竿をギュンギュン引き絞る魚は、、、、マルタという降海タイプのウグイの仲間だ。40cm近い。普通ならイトを切られてしまいそうだが、そこは、さすが先週のテラピアで鍛えた彼女達。ロッドのしなりを活かして無事キャッチ。
 掛かったマルタはバラシなしだった。
 一方、リールチームはといえば、ハゼ、ヒトデ、メゴチと底物が少々。ボウズの生徒も出てしまった。
 釣りはウキ釣りが基本。リールは面白いが、もう一度浮きつりに帰ってみないか?
d0137029_1859226.jpg

こんなイイサイズだった。

d0137029_1859181.jpg

魚もしっかり触れます。

d0137029_18595645.jpg

魚触るの苦手です。でも釣りは好き。(早く慣れてね)

d0137029_1903870.jpg


男子、、、。沈黙の艦隊???? 次回は。
[PR]
by fishzemi | 2008-05-15 19:01 | 浜松キャンパス

現地の釣りメーカーの協力で

d0137029_17271156.jpg
 

連休明け初日の実習は、浜名湖フィッシングリゾートで行った。
 晴天に恵まれ、エサ釣りでテラピア、ルアーでマスを狙った。
 特にルアーは、現地で有名なメガバス株式会社の協力で、デストロイヤーなどの超高級ロッドをレンタルできた。使っている本人達はその差をがいかに高価なモノかを知らずに(笑)
 テラピアはアタリが多く出る割になかなかハリに掛からず、苦戦した生徒もいたが、10尾以上釣り上げる生徒もいた。
 ルアーの方は水温が上がって大苦戦。しかもエサ釣りではないので、魚が食いついたらすぐにアワセ(ロッドを立ててハリをかけること)をしなければ掛からないので、あんまり釣れなかった。
 それでも春休みのマス釣り合宿に参加した女子生徒は、いい感じで釣っていたぞ。
 来週からは東京、さいたまも実習が始まる。

d0137029_17233658.jpg

メガバスのロッドで大物が釣れた。

d0137029_1724636.jpg

コチラは小型ニジマス。

d0137029_17243956.jpg

テラピアはネリエサで。写真載せたよ麻里菜!

d0137029_17255375.jpg


コツを掴むとこの通り。


d0137029_17273185.jpg


これはデカイ。さすが先輩。



d0137029_17262268.jpg


釣りのあとは、、、。さて何をしているのでしょうか??
[PR]
by fishzemi | 2008-05-08 17:27 | 浜松キャンパス

おおっ!竹沢先生も

d0137029_8304251.jpg


 先日、生徒と一緒に大型ストライパー(縞スズキ)を釣った話を息子達にしたら、「釣れて行って。」というので5月5日の子供の日に再び出かけた。
 現地ではどこかで見た人が、、、、、、。
「竹沢先生だ。」
今年体育の新任教師で東京キャンパスに赴任した先生である。
 彼はスノーボードのインストラクターでもあり、フィッシングもセンスバツグン。
 さっそく息子も教えてもらいブラックバスやストライパーをゲット。
 そして先生自らも。
 今年の東京キャンパスフィッシングゼミは熱くなりそうだ。

d0137029_831188.jpg


竹沢先生はルアーフィッシングの達人でもあった。

d0137029_8313729.jpg

「ザクとは違うのだよ、ザクとはァ~。」誇らしげにでっかいストライパーを掲げる竹沢先生。

d0137029_833330.jpg


でもってこれは長男がフライで釣ったストライパー。
今年の夏はみんなもコイツにチャレンジできるだろう。
でも掛かっても、切られる人も多いぞ。
[PR]
by fishzemi | 2008-05-06 08:34 | 東京キャンパスレポート

有志によるプレ実習

 今年フィッシングゼミを取る予定の3人を連れて宮城アングラーズビレッジに行って来た。
 ここは、ブラックバス、ストライパー(しまスズキ)、アメリカナマズなど、政府公認の外来魚釣り場である。
 果たして3名はイト結びに苦労し、バックラッシュ(投げたときにイトが絡むアレね)に悩み、大物のラインブレイク(糸切れ)に驚きながら、優しい先生と、スタッフのアドバイスで、思い出深い1日を過ごした。
 どうやったら釣れるか?どうルアーを動かしたら魚が騙されてくれるのか?考えるところにルアーフィッシングの楽しさがあるんだよ。


 以下の写真で大物ラッシュを堪能して欲しい。

d0137029_15582730.jpg

おおっフライロッドがひん曲がる!「腕が痛~い」 眞子頑張れ!

d0137029_155944.jpg

2尾目は太ったブラックバスが釣れました。

d0137029_15593868.jpg

「本当に私が釣ったんですよォ。」ヤラセなしのストライパー。次回は自分のロッド(竿)で釣ろうね。

d0137029_1601715.jpg

寺山クンはクランクベイトというプラグでナイスフィッシュ。しかも技術が必要なベイトキャスティングで。ちゃんと糸巻いてこいよ。

d0137029_160553.jpg

出たア~!あまりにも強烈!ビッグ過ぎるストライパー。眞子が釣りました。5kgぐらいあるかしら。これももちろんヤラセなしです。まわりの釣り師たちが羨ましそうに見てたよ。

d0137029_1615665.jpg

頑張れ!吉澤!お前がこれを釣り上げたら帰るぞ。夕方でした。

d0137029_162349.jpg

これもデカイ!眞子のより小さいが、彼は膝が震えてました。
ヤラセではないがスタッフに釣らせてもらったうれしい1尾。
糸結び練習しておけよ。

d0137029_163102.jpg

もちろん奥山センセもバッチグー(古いか?)


連休明けからも実習めじろ押し。楽しみにしてるね。
[PR]
by fishzemi | 2008-05-02 16:03 | 東京キャンパスレポート
line

フィッシングゼミのご案内・報告です。


by fishzemi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite