クラーク高校フィッシングゼミ

fishzemi.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

多摩川は晴れ

6月27日の東京キャンパスの実習は、多摩川支流の浅川。
 平均サイズ50cm以上のコイを狙った。エサはパンと、フライ。みんなスピニングやフライロッド、そしてのべ竿!!でコイを狙う。
 中でも大物はいつもの3年女子。マコリンの72cm。しかも先週自分で巻いたフライ。さすがである。この72cmはクラーク高校釣りゼミの淡水レコードとなった。
 最多ゲットは3年、ヨシザワの50cm級を含む6尾。見事だ。

 その他初めて大物を経験した女子は「キャア」ではなく

「$%&#♪ヾ~***#---!!!」

と分けの分からない奇声を発生しながら釣っていた。これも彼女の喜びの表現だったのだろう。
 フライロッドを新調した生徒の内、1年製の一人55cm級をゲット。この先が楽しみだ。
d0137029_19365718.jpg


写真を2枚以上アップロードすることが出来なくなっちゃったので、この1枚のみね。みんな釣ったのにゴメン。
[PR]
by fishzemi | 2008-06-27 19:37 | 東京キャンパスレポート

雨です。

d0137029_19222675.jpg


 6月26日の浜松キャンパス実習は、ヘラブナ釣り。いつものホームグラウンド「上尾園」にはちゃーんとテントがある。
「雨なのに実習をやるのか?」と保護者の方々からも、クレームに近い問い合わせの電話をいただいたが、ご安心あれ。無理は絶対にしませんよ。
 ただし釣りはアウトドアスポーツなので、雨はつき物、あまりひどい時や、風を伴って危険がある時は、安全な場所を選ぶか、中止して学校で座学します。
 ともあれ、テントの中で良く頑張った生徒達。その根性を誉めてあげて欲しい。
[PR]
by fishzemi | 2008-06-27 19:22 | さいたまキャンパスレポート

釣って食べて

d0137029_19164225.jpg

 6月25日の浜松キャンパスでは、釣ったアジを食べると言う企画で、港でアジフライを揚げた。中にはサバも混じっていたが女子生徒の魚捌き、魚下ろしの技術はバツグン!の子も。
 男子は、さいたまのマルキューからわざわざ来てくれた長岡寛次長のクロダイ釣り講習を受け、2学期からはと、燃えている。
[PR]
by fishzemi | 2008-06-27 19:16 | 浜松キャンパス

毛ばりを巻く

 
d0137029_23295021.jpg


東京キャンパスでは先週の実習の反省と、今度こそ釣れるようにと、フライ(毛ばり)を巻いた。
 そして、お勧めのフライセットの購入を決意し、いよいよ本格的にフライフィッシングが始まる。
 次回は多摩川のコイ釣りを行う予定。
[PR]
by fishzemi | 2008-06-20 23:29 | 東京キャンパスレポート

初めての海釣り


d0137029_2312267.jpg
 さいたまキャンパス実習は茅ヶ崎港にて堤防からの小物釣りを行った。
 茅ヶ崎と言えばエボシ岩。この岩はアニメ「スラムダンク」のオープニングテーマ「キミが好きだと叫びたい。」のイントロのシーンでもでてくる有名な岩である。
 堤防を歩いてくると左沖合いにこのエボシが見える。
 堤防釣りは気軽で安全だが、釣り教室の時は、万が一のためにライフジャケットを来て行わなければならない。
 今回はお世話になった茅ヶ崎港の釣具店、磯屋さんと、マルキューさんから借りてきた。
 釣り方は、のべ竿のウキ釣りと、サビキ。
 本当はどちらも釣れるいい釣り方なのだが、この日は南西の風が強かった。
 と言うことは、沖から岸へ吹くため、遠浅の茅ヶ崎港は濁る。と言うわけで結果はあまり振るわなかったが、生徒は水平線を見て感激。
 海無し県民なので、釣果にこだわらない釣りが楽しめた。ハイライトはマゴチ、カンパチ。
 大物は女子に何発も来たが、全部切られてしまった。彼女は気持ちを新たにして向上を目指すであろう。

本日の釣果

カタクチイワシ、ハオコゼ(毒魚)、ゴンズイ(毒魚)、ネンブツダイ、マアジ、カマス、メジナ、カンパチ、マゴチ、ヒイラギ
マハゼ、サビハゼ


海は種類が多く釣れるなあ。


d0137029_23121861.jpg

数釣れるはずのメジナも苦戦。

d0137029_23125222.jpg


カンパチ。地元常連のお爺さんたちも誉めてくれた。

d0137029_23132956.jpg

これはマゴチ。マルキューのオキアミで釣れた。

d0137029_231419.jpg


ハゼも。
[PR]
by fishzemi | 2008-06-20 23:16 | さいたまキャンパスレポート

そしてビッグフィッシュ


d0137029_15361581.jpg


東京キャンパスは6月13日(金)に朝霞ガーデンで実習を行った。
 ここでの実習は、朝霞ガーデン社長の木村氏の社会貢献的配慮で、実施させていただいている。

 本日集まった15名のうち、手馴れた女子(マコリン)はまだ誰も準備は終わっていないときに、一人でさっさと釣り開始、いきなり連発。
 10尾ほど釣ったところでイワナが釣れた。それを記念写真に撮り、今度は後輩の指導を。
 マコリンに遅れること10数分。男子生徒も釣れだした。
 今回は自分で巻いたフライで釣るのがテーマ。
 さっそく「あ~見破られた。」とか、「ヤッタあ~、釣れたあ。」とか寒気、いや歓喜の声が次々に上がった。

 フライフィッシングは自転車に乗るのといっしょ。最初はぎこちないが慣れればスイスイ。

 なぜマコリンなのか?それは、感性がいいこともさることながら、彼女は熱心だ。男子生徒の中にあって紅一点、マドンナてき存在だが、ちやほやされているわけでもない。

 逆に1年生に「マコ先輩に聞きなさい。」と指導すると、恥ずかしがってしまうほどだ。

 で、マコリンは大型ニジマスを立て続けに釣ったりして、今日のテーマは
「マコのトラウト物語」
にしようかと思ってた矢先。に
 キターッ! 大物だ。
 3年生吉澤のロッドがひん曲がっている。
 やってくれたぜ吉澤!3年生のフィッシングゼミ委員長に任命しただけある。ロッドがギュンギュンしなって、やり取りし、透明度もいいのですぐに魚が見えた。

え?

「イトウだ!」
本人よりもネットを持った生徒が興奮している様子。

 そして無事ネットイン。デカイ!60cmだ。

今日は13日の金曜日、ジェイソン・イトウの襲撃だった。

1年生も序々に慣れていってくれたまえ。

d0137029_16124237.jpg

マコが釣ったグッドサイズのイワナ

d0137029_16133842.jpg

余裕で後輩の指導、そして彼等は私よりも先輩の言うことをよく聞く。(笑)

d0137029_16142326.jpg

早くイト結びを覚えなさい。

d0137029_1614557.jpg


ロッドがしなり、そして自分で巻いたフライが、、、。

d0137029_16153649.jpg


お互いの魚をすくい合う。お互いに助け合う。これ自他共楽。

d0137029_16164132.jpg

「前回よりも上手くなったな」と木村社長も誉めてくれた。

d0137029_1537932.jpg

そして吉澤のイトウ・立派、立派!次回も頑張れ!

d0137029_1538826.jpg











 
[PR]
by fishzemi | 2008-06-13 16:18 | 東京キャンパスレポート

DHAフィッシュ入れ食い!?

d0137029_2235270.jpg


今日は曇天の中、舞阪港で、小物釣りをしました。男子は投げ釣り、女子はサビキ&ウキ釣り。
 小サバ、アジ、イワシは入れ食いで、堀内先生は夕食のおかずをたくさん釣ってました。
 女子有志は、魚の捌き方の勉強。魚が小さすぎたので、なかなか上手くいきませんでしたが、捌いてみたいと思うその心掛けと実行が大切ですね。
 ちなみに男子はメジナ、ベラ(キュウセン)ホウボウ、などを釣ってましたがすべてリリースでした。
[PR]
by fishzemi | 2008-06-11 22:05 | さいたまキャンパスレポート

次第に白熱

d0137029_12571390.jpg



 6月5日は雲行き怪しい中、上尾園にて実習を行った。今回もマルキューさんに竿掛けセットを貸していただいた。
 驚くべきことに、9時集合なのに8時過ぎには最初の生徒が到着。
 今日から自分達で準備し、自分達ですべてやるという方法を取り始めたので、さっそく釣り開始。
 バスが遅れて9時半には全員集合したが、それまでにすでに何枚か釣る生徒も。
「先生もっと早く来ていいですか?」と言う熱心な生徒も出てきてうれしいのだが、上尾園は7時から。あんまり早く来すぎるなよ。私だっていつも到着は7時半だから。

 今日は即席ミニトーナメントを行った。

 30分制限で何匹釣れるかという競技だ。(尾数は自己申告)
鈎は口にしっかり掛けること。口以外に掛かったファールフックはカウントしない。で結果は以下の通り。

3尾  3年2組 石垣祐樹
    2年3組 七田恵介
2尾 1年2組 小椋裕樹

1尾 1年3組 小林飛鳥
    1年2組 桜庭彩加
    3年3組 佐伯拓哉
    2年3組 金子正樹
    2年3組 中村仁彦
    3年3組 千葉あずさ
    1年2組 杉本夏子
申請しなかった人は記入なし。

d0137029_12565697.jpg


来週も上尾園集合です。
[PR]
by fishzemi | 2008-06-06 13:02 | さいたまキャンパスレポート

釣れたらいいな。

d0137029_1824533.jpg


 フライフィッシングに燃えた生徒達。アタリを旨く取る練習ということで、ヘラブナ釣りも経験した。
そして今回からはフライタイイング。自分で毛ばりを巻くのである。
 キャップスから廉価で分けていただいたタイイングツールを使って各々がフライを巻く。歴代の名フライを巻かずに独創的なヤツばかり巻く。
 創造力が大切なのだ。
「できた。先生、これ釣れる?」と聞いてくる生徒には、
「魚に聞いてみなさい。」と実習で使って試すことを勧めた。
 何名かの生徒はツールを持って帰った。次回実習までにたくさん巻きたいのだそうだ。
 意欲、釣りたい気持ちが大切である。
そうそう、補講受講者は、実習より補講優先だからね。釣りをしたいなら勉強もしっかりしなさいね。



d0137029_18242297.jpg

[PR]
by fishzemi | 2008-06-02 18:25 | 東京キャンパスレポート

ビデオで座学


d0137029_18195265.jpg

 さいたまキャンパスは今週も上尾園に行く予定だったが、雨で中止。
 学校に戻ってビデオをみながらの座学となった。過去の実習で、アタリがあっても掛からないいわゆる「カラツン」とはなにか?をマルキューの水中ビデオで解析した。
 で、恒例イト結び練習。これで来週の実習はバッチリだ。
[PR]
by fishzemi | 2008-06-02 18:19 | さいたまキャンパスレポート
line

フィッシングゼミのご案内・報告です。


by fishzemi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite