クラーク高校フィッシングゼミ

fishzemi.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏期講習パート4

 
d0137029_9512225.jpg


夏期講習の報告は残念ながら写真が1カットづつしか使えないので、パート3までに及んだが、やはりブラックバスの写真を載せないわけにもいかない。

また、参加者諸君の写真を出来るだけ多く載せたいので、奥山文弥のフィッシングカレッジ」にリンクを張ることにした。

そちらも参照にして欲しい。
[PR]
by fishzemi | 2008-07-15 09:58 | 東京キャンパスレポート

夏期講習パート3

 3日目、いよいよ最終日歯大崎つりぼりでニジマスつり。昼食は釣ったニジマスを塩焼きにして食べると言うイベントも。つまり釣れなかった人はおかずがないと言うことになる。
 昨日までと変わって全員が同じつり方で挑戦。
 スプーンと言うさじ型をしたルアーを泳がせるだけでニジマスが掛かる。柔らかい竿先に「プルン!」とアタリがあってジャンプする姿は可愛い。
 またプラグもよかった。浜松キャンパスを応援してくれているメガバスのベビーグリフォンで連発する生徒もいた。
 思いの他、フライフィッシングが振るわなかったのは、何故だろう。ドライフライでバシバシ釣れるはずだったが、水がちょっと濁ったのでやはりヒラヒラ動くルアーのほうが良かったのか、、、、、。

 で、昼食はニジマスの塩焼き。何人かはヤマメを釣ったので、高級魚ヤマメの塩焼き。

 自分で竹串に刺して、塩を振り、炭火のそばへ、、、。

 美味しかったぁ~。

 最後は終了証を受け取り、大満足。

怪我も病気もなく無事帰路
d0137029_9491516.jpg
に着いた。
[PR]
by fishzemi | 2008-07-15 09:49 | 東京キャンパスレポート

夏期講習パート2

 夏期講習の2日目は朝から、ブラックバス班とナマズ班に分かれて釣り開始。
 昨日ブラックバスウィ釣るためにソフトルアーを使う生徒が多かったが、「いや男ならハードルアーで。」とプラグ(プラスティックの小魚型ルアー)で釣ろうと試みるやる気のある生徒もいた。
 ナマズは、宮城アングラーズビレッジオリジナルのマジックワームを使うと良く釣れることが知られているが、私達はマルキューのバイオワームを使った。
 このワームは生エサ(イソメ、ゴカイ)が気持ち悪いという人のために開発された、人工的なエサで、海岸から投げて釣るシロギス釣り等に使われている。
 それをナマズに応用したわけだ。
 果たして、ガイドの皆さんに教えられた生徒たちは、とんでもない引きを味わい、そして「どんな大物が掛かっているのだろう」という期待を大きく裏切る小さなナマズの底力に驚いた。
 最大では3,3kg(写真・伊藤君)というサイズがでたが、スタッフに言わせると5kgを越えるバケモノもいるとか。

 昼食はバーベキュー。大量に用意された肉類があっという間になくなった。

 午後は対象魚を変え、ストライパーを狙う人、ナマズの魅力に取り憑かれた人、そしてやはりじっくりブラックバスを狙う人にわかれ、それぞれの釣りを楽しんでいた。


d0137029_9413955.jpg

[PR]
by fishzemi | 2008-07-15 09:41 | 東京キャンパスレポート

ルアーフィッシング夏期講習パート1

d0137029_19384096.jpg


7月9日から11日の3日間、群馬県の赤城山麓で東京キャンパスのルアーフィッシング夏期講座が行われた。

 1日目と2日目は宮城アングラーズビレッジで、ブラックバス、ストライパーことストライプドバス、そしてアメリカナマズを狙った。

 3日目は大崎つりぼりで、ニジマス狙いだった。

 初日午後、宮城の井上荘士郎社長から歓迎の挨拶があった後に釣り開始。
 ルアーと言うニセモノのエサで魚を騙して釣るからと言うわけで、その原理から解説、そして実際に投げてみた。

 普段から釣りゼミを履修している生徒はすぐに釣れ始め、中でもトップウォーターと言う、水面で動き、魚がそれに食いついてくる瞬間が見えるという、楽しい釣りを展開する生徒も。

 釣りゼミ意外の生徒もコツを掴むと次々にヒットするようになった。ルアーはさいたまキャンパスもお世話になっているマルキューのソフトルアー(ホンモノそっくりの柔らかいルアー)のエコギアが良かった。

 10尾以上釣った生徒はストライパーにチャレンジ。ブラックバスの2回り以上大きいこの魚は、ルアーに食いつかせるのも難しいが、食いついて掛かったあともヤバイ。
 何でかと言うとヒキが半端じゃないからだ。
 で、この日は二人の生徒がゲット。引率の竹澤先生もその腕を発揮し、2尾ゲット。もちろん奥山先生も。

 その夜は、標高の高い「おおさる山乃家」に宿泊、騒ぎすぎて怒られる場面も。

 翌日はブラックバスとナマズ狙い。

写真が1枚しか使えないので、今回は竹澤先生の大物をご覧あれ。
[PR]
by fishzemi | 2008-07-14 19:59 | 東京キャンパスレポート
line

フィッシングゼミのご案内・報告です。


by fishzemi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite