クラーク高校フィッシングゼミ

fishzemi.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

獲ったどー!!!!!!

 
d0137029_2022312.jpg


先日、東京キャンパス教員のO平先生と、H山先生が同行し、相模湾へ。

 沖へ出るとでっかいマグロが跳ねていたのですが、海は大荒れ、6名中4名が船酔い気分に、、、。

 こんな中でマグロを追っかけたら、人間関係にひびが入りそうだったので、いや、かわいそうだったので、
 岸近くへ戻り、小物釣りを楽しみました。

ところが両先生にはこんな大物が、、、、。

イナダです。  

「切られなくてヨカッタ!」とはO平先生。

どうやって食べたのかな???

今年は後、12月14日(日)に行きます。平塚港から出港し、イナダを狙います。

もしかしたらクロマグロのちっちゃいのも釣れるかも知れません。

お申込みは東京キャンパスO平先生経由、奥山まで。連絡先知ってる人は直接でもいいです。

詳しくはコチラ



d0137029_2023899.jpg

[PR]
by fishzemi | 2008-11-27 20:01 | 教員のページ

この秋一番の寒さで玉砕!!!



 さいたまキャンパスの実習も、寒い日だった。

 朝9時に上尾園に集合して、釣りを開始したが、寒さのあまり手がかじかんでイトが結べない生徒まで。

 で、私もやってみたがあたりはほとんどなく、そしてみんなが寒い寒いというので、12時終了予定を11時でカット。

 釣ったのは3年生の佐伯クンだけ。(エライ!パチパチパチ)

他は玉砕。

 それでも残る生徒が3人いて私はそれにつきあい、1尾ゲット。2里の生徒がゲット。一人は坊主ってしまったが。残って釣りをするという気合いを褒めてあげたい。君は絶対に上手くなる。

 寒すぎるので寒い時によく釣れる魚、トラウト(マス)の釣りを計画しようと思う。
[PR]
by fishzemi | 2008-11-21 20:48 | さいたまキャンパスレポート

寒かったよ、浜名湖

d0137029_20434152.jpg


 今日の浜松キャンパス釣りゼミは、浜名湖で。
午前10時集合だったが、風がびゅうびゅうで寒い。
生徒たちは「マジかよ?」って思うほど薄着でやってきた。

 で、ライジャケを切ると少しは温かくなるのかと思ったらそうでもない。

 風の中一生懸命釣る彼ら。と言いたいところだが、やはり寒さには勝てない。

幸運にも、木端メジナが回遊してきたところにうまく仕掛けを入れた1年生のマミちゃんだけ、2連発で釣ってあとは全員坊主。

 午後1時までやる予定だったが12時で終了。

みんな風邪ひかないでね。
[PR]
by fishzemi | 2008-11-21 20:43 | 浜松キャンパス

フライロッドでのチャレンジ

 
d0137029_133366.jpg


東京キャンパスの文化祭代休で、フライにチャレンジした生徒がいる。

場所は都下多摩川の水系の浅川。

私が到着するとすでに釣っていたが、ここのところいつも実習で釣っている場所は、魚の平均サイズが小さい。

魚とはコイである。


30cmもあれば十分なのだが、これまでの実習で数多くの50cm級そして時に70cmを超える大物が上がっているので、贅沢になってきている。

いつもはパンを流しているのだが、ちょっと自己向上のために今回はフライでチャレンジした横山クンは63,5cmという大物を釣った。

そしていつもフライをやっている橋本クンは65cmをはじめ、爆釣!

私は手伝っていない。念のため。

糸を結んでやり、エサも付けてやり、合わせも手伝ってやり、ハリもはずしてやらなければうまくいかない生徒が、どんどん上達すると、彼らのようになる。

彼らはまだ1年。この先が楽しみだ。



d0137029_1331073.jpg


連発する橋本クン


d0137029_1332149.jpg


彼はこの春から大物を釣りすぎて、リールがだめになってしまったとか?
本望である。
[PR]
by fishzemi | 2008-11-15 13:01 | 東京キャンパスレポート

さいたまキャンパスの海実習

d0137029_12513542.jpg




 11月13日は、SMAPのキムタクの誕生日だった。

 ということには全く関係なく、さいたまキャンパスの実習を湘南、茅ヶ崎港で行った。

 午前9時晴れ渡った空の下。富士山を間近に見ながら開始。

サビキ、ウキ釣り、チョイ投げに分かれてスタート。

この日はサビキが快調で、まずは1年生小椋クンが25cmほどのボラを。この季節のボラは身が引き締まって美味しいのだ。特に茅ヶ崎港は、外洋に面した港だがら泥臭くないのがいい。

 そして投げ釣りは、メゴチ、シロギス、そして毒魚のアイゴ、、、。

コマセを撒いていたら寄ってきたボラを苦心して3年桝川クンが見事ゲット。

前回夏に来た時には大型ボラを連続バラシして悔しがっていた杉本さんもまたヒット、しかしバラシ、、、。その次も、、、。

 大物が掛ったら強く引っ張ってはいけないのだが、彼女はガンガン行ってしまうので、切れてしまう。

 そして3尾目、「あわてるな!」の掛け声にようやく1年栗原君が差し出したネットに収まった。

d0137029_124658.jpg

46cm。「やっと釣れた!」大喜びだった。

目標を達成することってこういうことだと思う。更なる目標を作って頑張ろう。そして協力してくれた仲間たちに感謝しよう。


d0137029_12512265.jpg

[PR]
by fishzemi | 2008-11-15 12:54 | さいたまキャンパスレポート

東京キャンパスも湘南

d0137029_1253140.jpg



 東京キャンパスでは今年最初の海実習。
出席者が少ないなか、この日はサビキよりもチョイ投げが面白かった。
 キス、メゴチを釣って現場で捌く地元のおじさんからさばき方を習ったのもよかった。

 1年田沼クンが、釣りゼミ委員3年吉澤クンから借りた竿で、ボラを2発掛けて1発ゲット。そのほかはみんなチョイ投げだった。

 12時のストップフィッシングでは半数がボウズ。

せっかく海まで来たのに半日ではもったいないと、意欲的に午後も釣りをしていった生徒もいて感心感心。

 せっかく選んで入った釣りゼミ。

釣らせてもらうのではなく、自分で考えて釣ることで自己向上しようではないか?

d0137029_12504672.jpg


d0137029_12531796.jpg


d0137029_12541811.jpg

[PR]
by fishzemi | 2008-11-15 12:50 | 東京キャンパスレポート

本物のフライフィッシング!?

 11月2日には、日本釣振興会埼玉県支部の主催で、埼玉県のしらこばと水上公園にて釣りの祭典が行われた。
 クラーク高校ではさいたまキャンパスが文化祭と重なったのだが、東京はOKということで何名かの生徒がやってきた。
 
 いつも貸し切り状態で釣りをしている彼ら。来場者1万名を超える中で「釣りはスゲエ」とおもったのか?
 
 その中でも1年生の横山クンはフライフィッシングの教室を見て

「俺ももっとまじめに取り組まないといけないよな。」とボソッとつぶやいた。

 そこで奥山は、友人でもある野寺インストラクターに頼んで、特別講座をやってもらった。
ツーハンドロッドと呼ばれる長いフライロッドを持ち、ビユーンと振るのである。

 彼にとっていい経験になったであろう。この冬もマス釣り実習をする。その時に彼のフライフィッシングは、この春やった時よりも、はるかに価値のあるものとなっていることだろう。
d0137029_13551730.jpg

[PR]
by fishzemi | 2008-11-04 13:55 | 東京キャンパスレポート
line

フィッシングゼミのご案内・報告です。


by fishzemi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite