クラーク高校フィッシングゼミ

fishzemi.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

寒ベラ

d0137029_1957155.jpg



 冷え込みますなあ~。
朝起きた時、なかなか蒲団から出られません。
楽しいはずの釣りなのに、なかなか体が言うことを聞かないのがこの季節です。

 しかし今日、さいたまキャンパスの生徒19人は

寒サニモマケズ、風邪ニモマケズ、、、、。

上尾園に集合。

朝から寒ベラ釣りにいそしんだ。

ウキがなかなか動かない。夏はあれほど動いてどこで合わせたらいいのかわからないほど動いたのに、、、、、。

で、またまた1年生土屋クンが一番乗り、、。そしてガンダム川辺が続いた。アラーキーもそのあとに、、、、。

2年生頑張れ!

そこで森田クンが連発!面目躍如。

最後にはヘラ名人、金子正樹クンも、、、、。

この時期のヘラはウキの良しあしが勝負を分ける。

1年生は、上尾園オーナーの御子息であり、野本釣具店オーナーの野本さんの店に行って安くていいウキを購入していたため、いい成績が残せたのだろう。
野本さんは、ダイワ精工、東レフィッシングのテスターでもある偉大な方である。

 今期のさいたま釣りゼミはこれでおしまい。

春休みには特別講座を開催しようと思っているが、来期もさらにパワーアップしていきたいと思う。

 人生を変えたいと思う生徒は、

 「来たれ釣りゼミに」

自他共楽の気持ちを忘れず、みんなで釣って笑顔で過ごそうではないか。




d0137029_2001542.jpg
d0137029_2002246.jpg
d0137029_2003526.jpg
d0137029_2004393.jpg

[PR]
by fishzemi | 2009-02-19 19:57 | さいたまキャンパスレポート

国際フィッシングショー


d0137029_12495790.jpg

 東京キャンパスでは、横浜パシフィコで行われたフィッシングショーの見学に行きました。

 ヘラブナやコイを釣るときに使うネリエサや堤防釣りで使う撒き餌、オキアミで有名なマルキユーのブースへ行くとなんと宮沢社長自ら歓迎してくれました。
 その後、阿辺研究室長から、餌作りのお話を聞き、一同「ウーム」とその内容を理解したんですかねえ、、、、、、?

 スタンプラリーもあってTシャツをゲットした生徒もいました。

そしてフライフィッシングのブースへ。

 私たちが普段行っている開成フォレストスプリングスや、朝霞ガーデンで釣れるフライの撒き方を教わった。巻いたフライは生徒2名に1個づつプレゼントされました。

 3日間で6万人弱来場者があるというこのフィッシングショー。釣り好きにはたまらない企画のはず。

 生徒たちはわけがわからず圧倒されていた感が見受けられたが、これも今後の生活への刺激になることでしょう。
 

d0137029_1311551.jpg

マルキュー宮沢社長と

d0137029_1311278.jpg

阿辺さんから説明を受ける

d0137029_13115022.jpg

フライタイイングを見せてもらった。
[PR]
by fishzemi | 2009-02-14 12:50 | 東京キャンパスレポート

フライフィッシングでコイ釣り

 
d0137029_12284731.jpg

フライロッドでフィッシュオーン!!! カッコイイね!

 東京キャンパスではフライフィッシングでコイ釣りを行った。

 パンに針を引っ掛けて釣るのはもはや当たり前の釣果。

 いつもの浅川へ集合し、パンそっくりのフライでチャレンジ。そのフライは藤田のおっちゃんのフライだ。何とかニセモノデ釣ることがオモシロいのだ

 当然キャスティング、流し方もうまくいかなければ見破られてしまう。

 それがまたオモシロいのである。

今回は順番で釣りをした。コイ釣りに慣れた生徒は慣れていない生徒を指導し、釣らせる。

 「ありがとう。」と笑顔をみて自分も幸せになる。

これぞ自他共楽。

自分で釣った喜びよりも釣らせた喜びの方が大きいと感じるようになって欲しい。

 いつもは数尾釣る生徒も2尾で止めて仲間に2尾釣らせた。だから合計4尾釣ったことよりも幸せを感じているはず。


 で、先生は?
 「みんなが釣った合計15尾程のコイは、私ひとりで釣った満足度よりも大きいよ。」とみんなを褒めたのであった。
各自がみんな自分で釣れるようになると私も写真がいっぱい撮れるのである。


d0137029_1233793.jpg

トップの写真と比べてみてね。何が違うかな?場所は一緒だよ。



d0137029_1652529.jpg
d0137029_123115100.jpg

フライでコイ、初デビューの守谷クン。

d0137029_12332364.jpg


ハリはずしにはなれたかな?

d0137029_16536100.jpg

[PR]
by fishzemi | 2009-02-07 12:28 | 東京キャンパスレポート

朝霞ガーデンでトラウトフィッシング



d0137029_12205640.jpg
 さいたまキャンパスは今週朝霞ガーデンにてトラウトフィッシングを行った。
 ルアーはすでに2回目。今回は自前の道具を用意してくる生徒もいて頼もしかった。

 ただし遅刻者は困る。9時に集合して準備して釣り開始。30分遅れで来ると、遅れた人の準備でまた30分。そしてまた遅刻者も、、、、。
いい加減にしろ!
 最初に来た生徒の指導ができないじゃないか!!!

 唯一救われたのは、フライを選んだ生徒は、来場者のお客さんと仲良くなったことだ。キャスティングを教わったり、フライをいただいたりしてお世話になったとか、、、、。
 釣りが縁で見知らぬ人と会話をする。それが時に友情へと発展する。
教わったらまた教えて、、、。自他共楽である。

ヘラブナ釣りも時も言ったが、
そろそろ「なぜ釣れたのか」
     「なぜ釣れないのか?」

を考えながらやった方がいいと思う。

フライフィッシングで全くアタリがなかったという生徒。実はあたっていてもアタリがわからなかったのでは、と思う。

 そして、リーダーの太い部分にフライを結んでいた生徒もいた。それじゃ見破られた掛らないぞ。といっても節愚な顔をしていた。

 今まで釣らせすぎたのだろうか?

 釣れなくて悔しい思いをした人は、次回以降頑張ってくれたまえ。

 また次回からは遅刻者は自分ですべて準備すること。いいね。


d0137029_12294227.jpg

[PR]
by fishzemi | 2009-02-07 12:22 | さいたまキャンパスレポート

大雨の実習

 東京キャンパスでは、朝霞ガーデンにて実習を行った。

 金曜日、当地はお休みなのだが、特別に講習を受け入れてくれている。感謝しなくては。
 もし一般の方が、朝霞ガーデンの休みの日に貸し切りで釣りができるなら大喜びするほど貴重な条件なのである。雨や雪など気にしないのだ。
 生徒はその凄さを理解してほしいと思う。

 この日、冬の冷たい雨が降ってしまったため、急に休む生徒も何人か出たのは残念だった。

 しかしやる気満々の生徒たちは、雨に濡れてもガンガン釣りまくり、幸せそうな顔をしていた。

「風邪ひくなよ。寒くなったらストーブにあたりに来なさいよ。」

とオーナーの木村社長からやさしい言葉をかけられる反面、いつものように、

「上手になりたかったら繰り返しやって経験をたくさん積みなさい。」

と励ましもいただいた。

外に出ればみんな一人の人間だと扱われるので、過保護はない。

このことをしっかり頭に入れて頑張ってほしい。

また「雨が降っているのにカッパ(雨具)も持たないで来るヤツがいるか!」とお叱りもいただいた。

釣りはアウトドアスポーツなので「雨が降ったらやらない。」ではなく「雨が降ったらカッパを着る。」というのが常識。

ベテランほどいいカッパを持っているのも事実である。

釣りたくない人はその必要もない。 

 釣った生徒は20尾以上。でかいのをバラした生徒。掛らなかった生徒。みんないい経験になったことだろう。
 すぐにリタイアした生徒でも3尾ぐらいは釣ったかな。今回は雨だったけど、釣らせてあげるというほどのいい条件だったので良かったかも。

 繰り返すけど、今日の貸切の価値も分かって欲しいね。

d0137029_843998.jpg


でかいのも釣れた。橋本龍馬くんは、自前のフライロッドで、、、。





 
[PR]
by fishzemi | 2009-02-02 08:44 | 東京キャンパスレポート
line

フィッシングゼミのご案内・報告です。


by fishzemi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite