クラーク高校フィッシングゼミ

fishzemi.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

巨大魚浮上!!

 
d0137029_1227544.jpg


東京キャンパスの実習は、朝霞ガーデンで行いました。
ここの木村社長は私たちの講義を理解してくれていて、金曜日は定休日ですが、実習地として解放してくれます。

 この日はルアーフィッシングでした。いつもは川釣りをしているので、リールを使いませんが、ルアーはリールがないと根気て動かすことができません。
 
 なれない手つきでリールを操作し、ルアーを泳がせます。

 魚が掛かるとググンとロッドを伝わって手元に衝撃がきますが、その時に上手にロッドを立ててアワセ釣ると魚が掛かります。

 イトが絡んだり、ルアーが底に引っかかったり、追いかけてきたけど掛からなかったり、掛かったけど最後に水面で外れてしまったりしててんやわんやでした。

 フライ組3人はマイペースで釣っていました。

 なんとか今回は全員がニジマスを釣ることに成功しました。特筆すべきは、アングリングファンという釣り雑誌の取材があったことです。

 12時の解散後、何人かは残ってくれて、取材に参加してくれました。今年の文化祭の実行委員長でもある薬師笙子さんが、とてつもなく大きいイトウを釣りあげて盛り上がりました。
 詳しくは11月25日発売のアングリングファンをお楽しみに。

 かよわき女子生徒が76cm、5,2kgの巨大イトウと戦うシーンは圧巻です。笙子、よくやった。アドバイスをくれたスタッフの大沢さん、木村社長さん、ありがとうございました。私も一切手伝っていません。ヤラセはないのです。ネットを手伝っただけです。

 みんなが応援してくれるこの実習、まじめにやれば誰にでも大物チャンス、そして感動的な釣りの出会いが誰にでもあります。

がんばりましょう。

d0137029_12284890.jpg

このサイズのニジマスが平均ですが、とてもおいしい魚です。

d0137029_122939.jpg


d0137029_12291251.jpg


d0137029_12305546.jpg


d0137029_12294919.jpg


d0137029_12301068.jpg


デッカイイトウをみんなで持ち上げて「次はキミの番だ!」
[PR]
by fishzemi | 2009-10-31 12:26 | 東京キャンパスレポート

堤防釣り


d0137029_223349.jpg


さいたまキャンパスの実習で神奈川県真鶴の福浦港へ行ってきました。

リールを使うのが初めてなので、なかなかうまくいきませんでしたが、慣れてくると次々に釣れ始めました。

マルキユーの配合餌を撒き餌にして、クワセオキアミハードMをつけ餌にすると、次々にメジナが掛かってきました。
 投げ釣りをしていた生徒にはベラやカワハギが、、、。
サビキではイワシやメジナが、、、。

そしてライブベイト(釣ったメジナのヒレを切って泳がせ釣り)でやっていた生徒には、、、。

で、出たあ~!!!!!

怪獣です。いやウツボです。

瞬間的にスゴイ引きをするので何人かの男子は夢中。



d0137029_223216.jpg


d0137029_22332357.jpg


d0137029_22333526.jpg


d0137029_22334589.jpg

[PR]
by fishzemi | 2009-10-30 22:32 | さいたまキャンパスレポート

きれいな浅川

d0137029_21523015.jpg


今日の東京キャンパスは、多摩川支流の浅川で行いました。過去に何度かやってますが今回はもっと上流です。
 水はとってもきれいで魚たちが丸見えです。

 ここではコイを狙う大物組、カワムツやオイカワを狙う小物組に分かれました。
大物組は支流の湯殿川へ、コイがたくさん群れていてそこで釣っていたら町内会のオジサンがやってきて「ここは餌付けしている場所だから、釣りは遠慮してほしい。」とのこと。もちろん遊漁規則的には全く問題ない場所です。
 生徒たちには結構厳しい口調で言ったらしく、大物組は不平だらけ。しかし地元の人がエサをやっている場所で釣りをするわけにはいきません。
 大物組は撤収しました。小物組は過去にないほど釣れまくり、大満足。小物組に交じってコイ釣りをした生徒も見事にゲット。
 今日は川を移動した距離が長かったのですが、また川の様相の違いがみられてよかったと思います。
 余談ですが、大物組はコイとファイト中にフライロッドを折ってしまったそうです。またイトを切られたのも多かったとか、、、、、残念。


d0137029_2201881.jpg


d0137029_2204349.jpg


d0137029_2221425.jpg


d0137029_2211797.jpg

[PR]
by fishzemi | 2009-10-16 21:59 | 東京キャンパスレポート

釣れないと帰れない。

d0137029_222199.jpg


 さいたまキャンパスのヘラブナレポート。

2週間ぶりに実習を行いました。いつものほほんと釣っているので今日は、気合いを入れるため、競技こそしませんでしたが、釣れなかった人は居残り、つまり、釣れるまで帰れないというルールにして実習を開始しました。

 昨夜の雷雨で水温が急激に下がったためか、悔いはいまいち良くなかったのですが、2年生のベテラン川部くんはマルキューのグルテン5でジャンジャン釣ります。

 そして女子も、セット(パウダーベイトヘラと力玉)で男子よりも釣ったかな?

ファールフック(口以外の場所に針が掛かること)を除いて正直に釣れなかった人?と手を挙げさせたら3名が手を挙げた。

 そしてその3人の中にはmいつもノーフィッシュの常連が入っていなかったことにはお驚きました。

 みんなが片付け始めているうちに2名が釣り残りは1名。指導者は同級生2人、そして上尾園の野本さんのお父さんまで加わって、応援。

 最後にはまぐれでない2尾を釣ってめでたしめでたし。

次回からもこのルールで行きましょうかね。


d0137029_22214872.jpg


d0137029_2221599.jpg


d0137029_2222117.jpg


d0137029_22222839.jpg


d0137029_22224482.jpg


d0137029_22225875.jpg

[PR]
by fishzemi | 2009-10-15 22:21 | さいたまキャンパスレポート

ミニ競技


 
d0137029_221127100.jpg


今日は晴天、浜松キャンパスの佐鳴湖での実習ものんびり、、、、、。というわけにはいかず、のほほんとしすぎていた生徒3人対奥山で3時間の数釣り競技を行いました。

最初は3尾対0で奥山優勢、しかし助っ人が入り、4人対1人になったとたんどんどん追い上げられ、7尾対7尾と並んだりして1尾をめぐるデッドヒートでした。

 ちなみに対象魚は何でもありですが、マハゼ、クロダイ、キチヌなどが釣れました。

終了時間には10対10で引き分け、やっと終わった、と思ったらサドンデスをやると堀内先生の声。
4人対1人で???
そうしたら私の審判やていた生徒が奥山組に。それまで全く釣れていなかった彼、サドンデスが始まり、しばらくすると、、、、。「掛かりました。」と両型のハゼを。

「やった、おめでとう。」と勝利を祝福する私。そして「ある意味でゴメン。」と嬉しそうに仲間に謝る彼。

 それにしても罰ゲーム付きで競技をやるとみんなまじめに釣りました。

好きで選んだゼミ、もっと積極的になっていいんじゃないかな??


d0137029_2212277.jpg


d0137029_2212416.jpg


d0137029_22124998.jpg

[PR]
by fishzemi | 2009-10-15 22:10 | 浜松キャンパス

秋期講習で爆釣



 雨ニモマケズ、風ニモマケズ、、、、。

台風18号がちょうど日本列島を縦断した頃のお話です。

 さいたまキャンパスの秋季講習は、野外授業ということで群馬県の赤城山麓でルアーフィッシング教室を行いました。

 ただ釣らせて魚釣りの面白さを教えるのではなく、「ニセモノでだまして釣る。」lためにさかなの生態を知る、性格を知ることが大切です。
 そして武器である釣り具を知ることも。

 今回は前半は 大崎つりぼりのルアーポンドにてトラウトを釣りました。
後半は宮城アングラーズビレッジでブラックバスを狙いました。

前半ではどのルアーはよく釣れるのかという点に、興味が集中しました。トップウォーター用の(水面用)ルアーがよく釣れることが分かって大満足でしたね。
 釣った魚を自分で殺して、ナイフで捌き、そして塩焼きにして食べるという、釣りならではの食育も行いました。
 しかし天気はあいにくの、、、。でも管理釣り場だから安心、安全でした。雨の降っているときこそよく釣れます。だから良いレインウエアが必要なんですね。



d0137029_1211876.jpg
d0137029_1212444.jpg
d0137029_1213141.jpg
d0137029_1214159.jpg
d0137029_122043.jpg
d0137029_1221396.jpg
d0137029_1222339.jpg



 さて後半、宮城アングラーズビレッジでのバス釣りはちょっと勝手が違います。ルアーを動かすのは、ルアーの持つ独特のものだけでなく、わたしたちが自ら動かしてあげないとブラックバスは騙されてくれません。

 しかし釣り場の養田マネージャーをはじめ、スタッフの皆様がよく教えてくれたので、全員釣果。中にはでっかいストライパー(縞スズキ)を釣った生徒も、、、。
 彼は釣りゼミの生徒でした。

今夏使った道具はすべてプレゼント。プライベートで釣りに行けばなお上手になるのですが、、、。

d0137029_11592741.jpg
d0137029_1159379.jpg
d0137029_11595320.jpg
d0137029_120149.jpg
d0137029_120895.jpg
d0137029_1202558.jpg
d0137029_1204734.jpg
d0137029_1205721.jpg

d0137029_124558.jpg

d0137029_1242216.jpg

d0137029_1233965.jpg

[PR]
by fishzemi | 2009-10-11 11:53 | さいたまキャンパスレポート

二子玉川の雨

 

d0137029_16542563.jpg
今日は雨。東京キャンパスの実習は多摩川下流の二子玉川。ルーキーズ「卒業」の舞台になった場所です。
 到着後、コイ釣り組と、小物組に分かれて釣り開始。エサは赤虫を使いました。本当はグルテンがいいのです。マルキューの野釣りグルテンという小包になっているものがいいのですが、雨でべちょべちょになってしまうので止めました。
 
この場所はさらに、今年出版した「多摩川釣り観察・魚が教えてくれること」という本の撮影でもクラーク生が活躍してくれました。

 雨が戦意を削ぎます。しかしコツをつかんだ生徒はコイっ子、小ブナ、クツボソ(モツゴ)、ウグイの子を釣って満足。コイ組は、フライやスピニングで(スピニングにフライを結んで流す)で良型を3尾ゲット。
 雨の中での撮影なので、ストロボに雨粒が反射してごめんなさい。

今日はコイのクラーク記録が出ました。加賀君(1年)の5cm。それは私の7cmを下回る難しい記録なのでした。

d0137029_1656925.jpg
d0137029_16561652.jpg
d0137029_16564037.jpg
d0137029_16565396.jpg
d0137029_1657428.jpg
d0137029_16571483.jpg

[PR]
by fishzemi | 2009-10-02 16:54 | 東京キャンパスレポート

超小型クロダイの入れ食い

 
d0137029_1646371.jpg

浜松キャンパスは秋の恒例、佐鳴湖で、小物釣りをしました。私は行きませんでしたが、先週は延べ竿で、15~25cmのクロダイ(チンチン~カイズ級)の入れ食いだったそうです。
 だから今回はリールを使いましょう、と生徒全員がバスタックルのチョイ投げ仕掛けに挑みました。
 私は延べ竿で。
 移動オモリ仕掛けにして、エサは堀内先生が獲ってきたモエビ(スジエビとヌカエビ)を生きたまま使いました。ライブベイトです。

 ポチャンと仕掛けを入れ、底に着くと、流れます。ここは潮の干満の影響があるのです。ちょうど引き潮で、佐鳴湖から水路へと流れていました。

 すぐにプルル。アタリです。アワセるほどでもなく、竿を立てるとキュンキュンキュン。掌ほどもないクロダイです。

まるでフナを釣っているみたいです。

 で、もう一度仕掛けを入れると、またプルル。

一方生徒は、、、、。やっぱりハマってました。リールを使うとより遠くへ投げたくなります。アタリがわからない、根掛かりの連発に四苦八苦してました。
 しかしそのうち、引きが良さそうなアタリがあり上がってきたのはキチヌでした。キビレという言い方をされますが、標準和名はキチヌです。

 生徒はポチポチ釣ってしかし、私ののべ竿と交代するとまたキュンキュン。

3時間弱の実習でのべ竿1本で17尾、リール竿6本で5尾。

のべ竿で探れる範囲を丹念に探った方がよく釣れる。投げ過ぎ厳禁!が証明された日でした。

d0137029_1647655.jpg
d0137029_16471945.jpg
d0137029_16473399.jpg

[PR]
by fishzemi | 2009-10-02 16:43 | 浜松キャンパス
line

フィッシングゼミのご案内・報告です。


by fishzemi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite