クラーク高校フィッシングゼミ

fishzemi.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初体験!渓流釣り

 
d0137029_22371860.jpg


東京キャンパスでは渓流釣りにチャレンジしました。多摩川の上流、日原川は都心から約2時間。ちょっと遠い生徒は3時間かけて到着。

今までの養魚場みたいな池での釣りと違い、落差の激しいダイナミックな流れに翻弄されてしまいました。

それでもここは東京トラウトカントリーという管理されている場所。
川のあちこちにつり橋や遊歩道が掛けられて安銭釣れるようにできています。

そんな中でも魚がどこに医理うのかわからず、なかなか釣れませんでした。また、魚がいても脅かしすぎて、追い払ってから釣っているようでした。

何人かは、自分で巻いたドライフライで魚を釣って満足げでした。

釣れなかった生徒も、渓流の流れに身を置き、リフレッシュして大喜びでした。

行くだけで幸せになる釣り。それが渓流です。

今日の目的は魚を釣る釣果ではなく、ここまで来るという遠出だったのです。
d0137029_22373476.jpg
d0137029_22374237.jpg
d0137029_22375497.jpg
d0137029_2238261.jpg
d0137029_22381519.jpg


d0137029_22392097.jpg

[PR]
by fishzemi | 2010-09-20 22:38 | 東京キャンパスレポート

次回の東京キャンパス実習は渓流釣り

日時  20010年 9月 17日(金)  渓流釣り

  午前9時00分 集合(遅刻厳禁)  正午12時頃解散予定希望者は夕刻まで
場所  日原川(多摩川支流)東京トラウトカントリー(0428-83-2788)


場所はこちらのホームページから
http://troutcountry.web.fc2.com/

 JR青梅線奥多摩下車、徒歩35分。あるいは08:10発 東日原行きバス、大沢下車。
その後のバスは10時までありません。つまり8時10分に乗り遅れたら歩くかタクシー利用になります。


対象魚・ヤマメ・イワナ。ニジマス

持ち物  釣り具、ハサミ、プライヤー(ラジオペンチ)、タオル,雨具(カッパ)、昼食 
帽子など日焼け対策。あれば偏光グラス(川の中が見えます)
      フライ、ルアー、テンカラ用品
注意 
 移動しながら釣るので ショルダーバッグやデイパックに荷物を入れて、動きやすい格好で。
持っている人はウエイダー(長靴など)があれば浅瀬を渡れます。かかとストラップの付いたクロックスなどのサンダルは許可します。
渓流釣りなので足元には十分な注意をすること。

釣り具を持参せず、手ぶらで来た場合はやる気なしとみなして欠席扱いです。
帽子も必ず被ること。
[PR]
by fishzemi | 2010-09-14 12:16 | 東京キャンパスレポート

2010年夏季講習の熱狂!

 
d0137029_1245268.jpg


9月2日から3日間。さいたまキャンパスの夏季講習フィッシングを行いました。

群馬県の赤城山麓での釣りです。赤城と言えど、前橋市、連日の猛暑はたまりませんでした。

初日と2日目午前中は大崎つりぼりのルアーポンドでルアーフィッシング。釣開始が午後からだった為、非常に暑すぎ。エサが見えものである上に冷水性のマスはなかなか掛かりません。
そこでオーナーの大崎さんの計らいでアユのつかみ取りをさせていただきました。

これで釣れなかった生徒もクールダウンし、ちょっとは満足。

初日を終え、旅館に入るとそこの風呂は広い温泉でした。それにもちょっと満足。

2日目は朝からの釣りで、10時半までに最低1尾釣りあげないとりゅう色が束られないというサバイバルでした。

教師を含め20人中、キャッチゼロは2人。この2人はお仕置きフィッシング。「虎の穴」に連れて行かれ、釣れるまでやるという超スパルタな講習になりました。

d0137029_1225670.jpg
d0137029_12361.jpg
d0137029_1231244.jpg



d0137029_1232648.jpg
d0137029_1233761.jpg
d0137029_1234988.jpg
d0137029_1235779.jpg
d0137029_124931.jpg
d0137029_1243113.jpg


釣った魚を殺して焼いて食べる。いい生物教育です。

マスの塩焼きをおかずに、昼食がすんだら、宮城アングラーズビレッジに移動です。

d0137029_12124797.jpg

d0137029_12141190.jpg


こちらは政府から許可をもらって外来魚であるブラックバスやストライプドバス、アメリカナマズを釣る施設を営業しています。ここは多くのインストラクターをこなせるスタッフがいて、引率の先生も幸せでした。

で何が人気あったのかというとやはり、、、、、

ナマズでした。
d0137029_1213215.jpg


引きがハンパじゃなく強い。全神経をイトに集中していないと釣れない。(どういう意味かは釣った人に聞いてね。)

で2日目が終わり、最終日は朝早くから宮城アングラーズビレッジへ。


昼食はバーベキューですが、やはり釣らないと昼食抜きという怖いルールが、、、、。


で、20人中ノーフィッシュは1人。

彼は30分遅れてバーベキューに参加しました。

なかなか釣れなくてココロが折れちゃった人、緊張の糸が切れちゃった人。最初は「2泥釣りなんかやるもんか?」と釣れないことを理由にふてくされた人も最後はみんなハッピー。

たくさんの写真をどうぞ。
d0137029_12133981.jpg
d0137029_12134875.jpg
d0137029_12135510.jpg

d0137029_1214307.jpg
d0137029_12143810.jpg
d0137029_12144586.jpg
d0137029_12145276.jpg
d0137029_12145978.jpg
d0137029_12151174.jpg
d0137029_12151793.jpg




3日間あるとこの年頃の子たちは成長します。来年はねー。

海に行きたいな。
[PR]
by fishzemi | 2010-09-06 12:02 | さいたまキャンパスレポート
line

フィッシングゼミのご案内・報告です。


by fishzemi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite