クラーク高校フィッシングゼミ

fishzemi.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

釣れまくり!全員釣果の浅川実習

 
d0137029_22234061.jpg

東京キャンパスの実習では全開に引き続き、多摩川水系で。

支流の浅川で行いました。この場所は過去に何度も実習をしている場所ですが、なかなか全員釣果になりません。

d0137029_22241619.jpg


と言うのも、コイが好調でも小物は不調と言うことがしばしばあったからです。加えて1年生が、小さいハリ、繊細な仕掛けに不慣れで、米粒ほどのエサをハリに付けられないと言う技術的なこともありました。
  しかし今回は違いました。フライフィッシングや、パンエサでのコイ釣りはもちろんのこと、小物もたくさんいて、しかもこれまでの練習が効を奏したか、次々に小物が釣れました。

今では仕掛け作りを生徒同士で教えあい行うほどになりました。
以前は「先生、絡んじゃった、先生結べません。」の声が飛び交っていたのに、感心です。少しづつ上達していけばいいのです。





 小物とはコイ科の小魚、オイカワ、アブラハヤ、ウグイの稚魚です。 もともと小さい魚のさらに小さいヤツですから笑っちゃいますよね。
d0137029_22263067.jpg


 どれだけ小さいのが釣れるか?なんていうのも面白いですよね。
d0137029_2226496.jpg



模様はいつものように写真でどうぞ。

d0137029_222735.jpg


ビッグヒットが多いSクンだが、今回もバラシまくりでした。

d0137029_22274819.jpg


ネットはみんなで手伝ってすくい合う。救い合いです。

d0137029_2228255.jpg


K君もコイ初ヒット。

d0137029_22284428.jpg


ウワッハッハッハ、、、、、。釣れましたあ~。

d0137029_22291687.jpg


小物グループの快挙。

d0137029_22294187.jpg



次回は真鶴に行きます。
[PR]
by fishzemi | 2010-10-23 22:23 | 東京キャンパスレポート

初めての海釣り さいたまBグループ

 先週に引き続き、さいたまBチームが海へ。
天候は小雨、ちゃんのレインコートを持ってきた生徒、持ってこなかった生徒、、、。
こんな時のためにビニールのコートを用意しておきました。
d0137029_20405193.jpg


 天気がよくなかったので、魚の湧きは先週よりもはるかに多く、小メジナは、入れ食い状態に。
d0137029_20414525.jpg


d0137029_20415851.jpg

 そしてサビキには毒魚アイゴが掛かってきました。

投げ釣りではマルキユーのパワーイソメでベラの仲間が連発でした。噛みついてくる青イソメを使わなくていいので楽々。女子もOKで、ウキ釣りで使ってみると、メジナも掛かってきました。

d0137029_20421624.jpg


奥山先生もキュウセンを釣りました。

d0137029_20422592.jpg


 そして必殺はネリックスと言うネリエサ。

「え?海でネリエサ???」

d0137029_20424918.jpg


そうです、オキアミだと一撃で餌がなくなってしまいますが、これならちょっと長持ちしかも、3つをくっつけて寝れば大きいのも掛かったり、、、、。
d0137029_20445171.jpg


最後は釣ったメジナをエサにウツボも現れました。粘った甲斐があったね、Aクン。
d0137029_20454785.jpg
d0137029_20455516.jpg
d0137029_2046563.jpg

獲ったど~!って写真獲るにもみんないないじゃないか?
A君が一人の居残りしたときに釣れたんです。りっぱりっぱ。

d0137029_20461943.jpg


メジナはみんなさばいて持ち帰りました。すり身にしてフィッシュボールを作ろうかな?

d0137029_20463096.jpg

先生のこの魚なんですか?って魚がたくさん釣れました。オヤビッチャです。後で図鑑を見ておくように。
[PR]
by fishzemi | 2010-10-21 20:41 | さいたまキャンパスレポート

初めての海釣り

 
d0137029_17541280.jpg


海なし県さいたまのゼミでは今年初めて海へ行きました。さいたまキャンパスAグループの実習です。

自分で用意してきたリール釣り組と、のべ竿組。仕掛けを早く作った人は最初からジャンジャン釣りまくり、なかなか作れなかった人は出遅れて、、、、。

担当の黒須先生も一生懸命、、、、。

 海の雰囲気を楽しむだけの生徒も、、、、。」

今回の撒き餌はマルキューの堤防まきえとサッとオキアミをミックスしたもの。
エサはウルトラバイトα入りオキアミ。
d0137029_17585083.jpg


最初に釣ったのは、、、。
d0137029_17533816.jpg


こんなにいるの??全部天然魚ですから、、、。

d0137029_17544620.jpg


先生釣れました。と早速オハグロベラが登場。エサはパワーイソメ。
d0137029_17552657.jpg


こいつはヤバイ魚です。アイゴ、、、ヒレの棘に毒があります。
d0137029_17572590.jpg


全員釣果ではなかったが、幸せでした。
d0137029_17573729.jpg

[PR]
by fishzemi | 2010-10-16 17:53 | さいたまキャンパスレポート

佐鳴湖の小物釣り全開!!

 
d0137029_1731428.jpg


浜松キャンパスは毎年秋に、浜名湖に注ぐ川の上流にある佐鳴湖で実習をしています。前回はお化けのようなデカハゼが釣れたそうです。
 でも釣り具の管理が悪いからと、いつもは各自にレンタルしていたのですが、今回から釣り竿を各自一本づつ配り、自分で管理しなさいということになりました。つまり自分の竿は自分で大切にしなさいということです。

 野球で言えばバットやグローブを持つこと、授業で言えば、鉛筆やノートを自分で用意するようなものです。

d0137029_17335391.jpg

 
 また、エサについてもそうです。いつもは堀内先生と、若干名の生徒で獲ったモエビをエサにするのですが、せっかく買った青イソメを触るのが気持ち悪いという生徒もいるそうで、もったいないですね。

そこで今回はマルキユーの新製品「パワ-イソメ」を使ってみました。
d0137029_17373527.jpg


モエビなどで釣れるのは当たり前、科学が生んだ人工餌、それも生分解して環境にまったく悪影響をもたらせないエサです。


そして何人かの生徒は「先生一緒に釣ろうよ。」とパワーイソメを使って、コトヒキ、クロダイ、キチヌなどサイズは小さいものの、小物釣りとしては楽しい時をすごしました。

仕掛けはのべ竿に玉ウキの仕掛け。底すれすれに流すと掛かってきました。

残念ながらハゼが釣れたのはモエビだけでしたが、クロダイはパワーイソメで連発でした。

なぜパワーイソメがよかったのでしょうか?それは科学の力です。本物のエサは軟らかすぎるので、超小型のコトヒキがつつくとなくなってしまいますが、パワーイソメはしっかりハリに残るのでクロダイが掛かるのです。


d0137029_17334034.jpg

d0137029_17322154.jpg
d0137029_17322932.jpg

d0137029_1733126.jpg
d0137029_1733878.jpg
d0137029_17331441.jpg
d0137029_17332446.jpg

[PR]
by fishzemi | 2010-10-08 17:31 | 浜松キャンパス

多摩川中流の水は?

d0137029_19404049.jpg


 本当は先週行う予定だった東京キャンパスの多摩川実習。雨で流れて今週に。

場所は稲田堤。昨年生徒が81cmのコイをフライフィッシングで釣って驚いた場所です。

ここは度々テレビで多摩川の怪魚などと言われて外来魚が登場する場所です。おさかなポストは開いていませんでしたが、、、、。

水の色を見るとやはり上流とは違いますね。ゴミの量も、、、、、。

今年も大物コイはたくさんいましたが、フライラインでベチャッと水面をたたくと、、、、

あらら、みーんな逃げてしまいました。

 苦労して釣ったのはフライフィッシングの柴田君(3年)お見事。カッコイイですね。

その後、コイの餌釣り組も、ルアーでブラックバス狙い組も、、、、。シーン。

今回は小物組も奮闘。小さなオイカワヤウグイはたくさんいてそれが簡単に掛かるのかと思ったら、、、、。

 こんな小さな魚を釣るのが楽しいなんて、そして掛かったとき、本当に喜んでましたね。

 釣らせていただけるつりぼりとは違った厳しさ、興奮もあったと思います。

頑張ってね。

釣った魚は全部逃がしました。

d0137029_19434199.jpg
d0137029_19434878.jpg
d0137029_19435944.jpg
d0137029_1944660.jpg
d0137029_19441522.jpg
d0137029_19442483.jpg

[PR]
by fishzemi | 2010-10-03 19:41 | 東京キャンパスレポート
line

フィッシングゼミのご案内・報告です。


by fishzemi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite