クラーク高校フィッシングゼミ

fishzemi.exblog.jp ブログトップ

2cmから78cmまで

 さいたまBグループは、別所沼で実習。

コイ釣り組、小物組で分かれました。コイ釣り組はネットを持ってきていなかったので、「公園事務所で借りたら?」と言う常連さんのアドバイスに、男子は尻ごみ。
しかし3年女子が「行ってきます。」と借りてきて、そしてコイ釣り開始後、見事フィッシュオン!

 このコイ、なんと78cmというサイズ。「1mあるかと思いました。」という釣った本人。

ヤラセなしでイトも自分で結び、手伝いなしで釣りあげるなんて素晴らしい。彼女はエライ!!!

さて小物組は、地元常連さんのKさんに指導してもらい、ルーキーくんがモツゴ(クチボソ)を連発。何とクラーク小物記録の34尾を樹立。

その他、ギンブナ(マブナ)を釣った女子も。

モツゴは超小型なので、なかなか手ごわかったです。小型は2mcぐらいだから、、、、。
 常連Kさんからいただいたがまかつの「極み」と言うタナゴのハリでないとよく釣れないことがわかりました。

このハリ5本で500円、つまり一本100円。 どうする?? 


d0137029_94315.jpg
d0137029_9433184.jpg
d0137029_9435088.jpg
d0137029_9441100.jpg
d0137029_9441624.jpg
d0137029_9442738.jpg

[PR]
# by fishzemi | 2010-11-20 09:44 | さいたまキャンパスレポート

養魚場か??



d0137029_131038.jpg


東京キャンパスでは今年初の海釣りを行いました。

釣り開始頃は、メジナも湧きに湧いて、養魚場状態。これで釣れないわけがありません。

朝10時まではベタナギで静かな海でしたが、次第に風が強くなって釣りにくくなりました。

今回問題だったのは、まだ仕掛けがつくれない生徒がいることでした。

仲間たちが一生懸命に教えるので、その教えた仲間も釣りする時間が短くなってしまいます。

教えてくれた生徒には感謝します。

本日、メジナは入れ食いでした。

ウツボを狙った生徒は一発掛かって切られてしまいました。

それにしても水平線、海っていいなあと思います。

今日来た生徒は、この魚がうじゃまんといる環境を、心に残しておいてください。

いつまでもこの状態が続くことは考えにくいからです。

d0137029_1312111.jpg
d0137029_13122099.jpg
d0137029_13122543.jpg
d0137029_13123054.jpg
d0137029_131236100.jpg

[PR]
# by fishzemi | 2010-11-13 13:10 | 東京キャンパスレポート

小春日和の別所沼

d0137029_12214025.jpg

 11月11日は「○キオの日」、YMOを懐かしむ人は多いのではないでしょうか?

「開けろ!ケイサツだ!!」ってね。生徒は両親に聞いてごらん。

さて今日はさいたまAチームが別所沼に行きました。欠席者が多かったのには残念でしたが、、、、。

前回も情報をくれた常連さんの隣で釣り開始、暖かな日差しの中でゆっくりと時間が過ぎていきます。

釣れた魚は、モツゴ、フナ、

そして大物コイを狙った女子は、
「掛かったけど切られました。」と残念そうに戻ってきました。

次回も頑張りましょう。


d0137029_12221597.jpg


d0137029_12222832.jpg




d0137029_12225696.jpg


d0137029_1223545.jpg

[PR]
# by fishzemi | 2010-11-13 12:21 | さいたまキャンパスレポート

爆釣!!!ビッグフィッシュ

 
d0137029_16342819.jpg


出た!メーターオーバー!!!

 浜松キャンパスのオフショア(沖合)フィッシング実習では、相模湾は青木丸から出撃、人数が多いので2日間に分かれて実習しました。

 例年この時期はカツオやメジ(マグロ)が多いのですが、今年は水温が高くて、南洋性のツムブリもまだまだ沢山いました。ちなみに水温は23,5度もありました。

 そこで浮き漁礁に行くと、大型シイラがわんさか!

 今までこんな大物釣ったことがな~い。と言うほどデカクて強烈な引き、そしてジャンプするその姿はリトルカジキです。

 魚が掛かると、真剣になりすぎて足はすくんで、、、、。

 最初は「ヤッホーっ」とか「キャッハー!」などと言う声アh上がりませんでしたが、時間とともに慣れてきて、みんな笑顔。

 魚が現れるとすぐに仕掛けを入れなければなりません。

「早く釣りなさい」

「ちょっと待って下さいよ。」

「そんなの魚に言いなさい!」と度々ジョークが飛ぶほど楽しい実習でした。

みんなの活躍ぶりを写真でどうぞ。

d0137029_16333123.jpg


これは90cmオーバー!みんなでパチリ

d0137029_1750393.jpg


ツムブリって知ってます?本州ではなじみの薄い魚ですね。沖縄では1mぐらいになるんですよ。

d0137029_17504990.jpg

スゴイジャンプでしょ?

d0137029_17522377.jpg


第2青木丸の船長、一ツ谷慎二さん。

d0137029_17531019.jpg

これもいいサイズです。

d0137029_17532651.jpg

メイトの獲物をみんなで喜び合う。これぞ自他共楽。

d0137029_17535856.jpg


船首でヒットしたのにファイトは船尾。時には船を2周することも。

d0137029_17543493.jpg


ルアーでヒットしました。地元のメイドイン浜松のメガバスルアーです。

d0137029_175598.jpg


頑張れ、戦え!あと少し!

d0137029_17553050.jpg

やった!これは95cmのオスでした。

d0137029_17555156.jpg

そしてメーターオーバーが。102cmと言う立派なメス。彼女、腕がぶらぶらになりました。私たちは誰も手伝っていません。立派に一人であげました。


ロッドを貸してくれて、フックを提供してくれたがまかつさん。ありがとうございました。

ラインを提供してくれたサンラインさん、ありがとうございました。

青木丸のおやっさん、オバちゃん、清一さん、慎二さんありがとうございました。
[PR]
# by fishzemi | 2010-11-06 16:33 | 浜松キャンパス

川越フィッシング祭りに参加

d0137029_1854578.jpg

 11月3日は休みを返上して日本釣振興会の埼玉県支部が主催するフィッシング祭りに参加しました。本当は10月31日の予定でしたが、台風接近で延期、延期になったので参加できなかった生徒も多数いました。

 私たちはまず埼玉県の「川の再生」と言う講義を聞き、その後フライフィッシングの講習を受けました。

 その先生方は、超一流。みんな開始直後をどうなることやらと思いましたが、終了間際は、なんとか形になっていました。
 教室で巻いたフライを付けて、この冬はフライフィッシングで釣りまくりましょう。
 当日は各ブースで格安のセールがあり、フライフィッシングのロッドとリールを購入していた生徒もいましたね。

 そして釣り番組でおなじみの永浜いりあさんと記念撮影。「ツーショット撮ってやるよ。」と言う男子は恥ずかしがって、、、、、。

 みんなにとってはいい経験になったかな??

d0137029_1855933.jpg

d0137029_1861223.jpg


d0137029_186306.jpg


果敢にフライキャスティングの練習をする。

d0137029_187030.jpg


先生が振るとこんなにきれいな弧を描きます。

d0137029_1873015.jpg


この冬はいただきだ!! 上達してよかったね。
[PR]
# by fishzemi | 2010-11-03 18:05 | 東京キャンパスレポート

釣れまくり!全員釣果の浅川実習

 
d0137029_22234061.jpg

東京キャンパスの実習では全開に引き続き、多摩川水系で。

支流の浅川で行いました。この場所は過去に何度も実習をしている場所ですが、なかなか全員釣果になりません。

d0137029_22241619.jpg


と言うのも、コイが好調でも小物は不調と言うことがしばしばあったからです。加えて1年生が、小さいハリ、繊細な仕掛けに不慣れで、米粒ほどのエサをハリに付けられないと言う技術的なこともありました。
  しかし今回は違いました。フライフィッシングや、パンエサでのコイ釣りはもちろんのこと、小物もたくさんいて、しかもこれまでの練習が効を奏したか、次々に小物が釣れました。

今では仕掛け作りを生徒同士で教えあい行うほどになりました。
以前は「先生、絡んじゃった、先生結べません。」の声が飛び交っていたのに、感心です。少しづつ上達していけばいいのです。





 小物とはコイ科の小魚、オイカワ、アブラハヤ、ウグイの稚魚です。 もともと小さい魚のさらに小さいヤツですから笑っちゃいますよね。
d0137029_22263067.jpg


 どれだけ小さいのが釣れるか?なんていうのも面白いですよね。
d0137029_2226496.jpg



模様はいつものように写真でどうぞ。

d0137029_222735.jpg


ビッグヒットが多いSクンだが、今回もバラシまくりでした。

d0137029_22274819.jpg


ネットはみんなで手伝ってすくい合う。救い合いです。

d0137029_2228255.jpg


K君もコイ初ヒット。

d0137029_22284428.jpg


ウワッハッハッハ、、、、、。釣れましたあ~。

d0137029_22291687.jpg


小物グループの快挙。

d0137029_22294187.jpg



次回は真鶴に行きます。
[PR]
# by fishzemi | 2010-10-23 22:23 | 東京キャンパスレポート

初めての海釣り さいたまBグループ

 先週に引き続き、さいたまBチームが海へ。
天候は小雨、ちゃんのレインコートを持ってきた生徒、持ってこなかった生徒、、、。
こんな時のためにビニールのコートを用意しておきました。
d0137029_20405193.jpg


 天気がよくなかったので、魚の湧きは先週よりもはるかに多く、小メジナは、入れ食い状態に。
d0137029_20414525.jpg


d0137029_20415851.jpg

 そしてサビキには毒魚アイゴが掛かってきました。

投げ釣りではマルキユーのパワーイソメでベラの仲間が連発でした。噛みついてくる青イソメを使わなくていいので楽々。女子もOKで、ウキ釣りで使ってみると、メジナも掛かってきました。

d0137029_20421624.jpg


奥山先生もキュウセンを釣りました。

d0137029_20422592.jpg


 そして必殺はネリックスと言うネリエサ。

「え?海でネリエサ???」

d0137029_20424918.jpg


そうです、オキアミだと一撃で餌がなくなってしまいますが、これならちょっと長持ちしかも、3つをくっつけて寝れば大きいのも掛かったり、、、、。
d0137029_20445171.jpg


最後は釣ったメジナをエサにウツボも現れました。粘った甲斐があったね、Aクン。
d0137029_20454785.jpg
d0137029_20455516.jpg
d0137029_2046563.jpg

獲ったど~!って写真獲るにもみんないないじゃないか?
A君が一人の居残りしたときに釣れたんです。りっぱりっぱ。

d0137029_20461943.jpg


メジナはみんなさばいて持ち帰りました。すり身にしてフィッシュボールを作ろうかな?

d0137029_20463096.jpg

先生のこの魚なんですか?って魚がたくさん釣れました。オヤビッチャです。後で図鑑を見ておくように。
[PR]
# by fishzemi | 2010-10-21 20:41 | さいたまキャンパスレポート

初めての海釣り

 
d0137029_17541280.jpg


海なし県さいたまのゼミでは今年初めて海へ行きました。さいたまキャンパスAグループの実習です。

自分で用意してきたリール釣り組と、のべ竿組。仕掛けを早く作った人は最初からジャンジャン釣りまくり、なかなか作れなかった人は出遅れて、、、、。

担当の黒須先生も一生懸命、、、、。

 海の雰囲気を楽しむだけの生徒も、、、、。」

今回の撒き餌はマルキューの堤防まきえとサッとオキアミをミックスしたもの。
エサはウルトラバイトα入りオキアミ。
d0137029_17585083.jpg


最初に釣ったのは、、、。
d0137029_17533816.jpg


こんなにいるの??全部天然魚ですから、、、。

d0137029_17544620.jpg


先生釣れました。と早速オハグロベラが登場。エサはパワーイソメ。
d0137029_17552657.jpg


こいつはヤバイ魚です。アイゴ、、、ヒレの棘に毒があります。
d0137029_17572590.jpg


全員釣果ではなかったが、幸せでした。
d0137029_17573729.jpg

[PR]
# by fishzemi | 2010-10-16 17:53 | さいたまキャンパスレポート

佐鳴湖の小物釣り全開!!

 
d0137029_1731428.jpg


浜松キャンパスは毎年秋に、浜名湖に注ぐ川の上流にある佐鳴湖で実習をしています。前回はお化けのようなデカハゼが釣れたそうです。
 でも釣り具の管理が悪いからと、いつもは各自にレンタルしていたのですが、今回から釣り竿を各自一本づつ配り、自分で管理しなさいということになりました。つまり自分の竿は自分で大切にしなさいということです。

 野球で言えばバットやグローブを持つこと、授業で言えば、鉛筆やノートを自分で用意するようなものです。

d0137029_17335391.jpg

 
 また、エサについてもそうです。いつもは堀内先生と、若干名の生徒で獲ったモエビをエサにするのですが、せっかく買った青イソメを触るのが気持ち悪いという生徒もいるそうで、もったいないですね。

そこで今回はマルキユーの新製品「パワ-イソメ」を使ってみました。
d0137029_17373527.jpg


モエビなどで釣れるのは当たり前、科学が生んだ人工餌、それも生分解して環境にまったく悪影響をもたらせないエサです。


そして何人かの生徒は「先生一緒に釣ろうよ。」とパワーイソメを使って、コトヒキ、クロダイ、キチヌなどサイズは小さいものの、小物釣りとしては楽しい時をすごしました。

仕掛けはのべ竿に玉ウキの仕掛け。底すれすれに流すと掛かってきました。

残念ながらハゼが釣れたのはモエビだけでしたが、クロダイはパワーイソメで連発でした。

なぜパワーイソメがよかったのでしょうか?それは科学の力です。本物のエサは軟らかすぎるので、超小型のコトヒキがつつくとなくなってしまいますが、パワーイソメはしっかりハリに残るのでクロダイが掛かるのです。


d0137029_17334034.jpg

d0137029_17322154.jpg
d0137029_17322932.jpg

d0137029_1733126.jpg
d0137029_1733878.jpg
d0137029_17331441.jpg
d0137029_17332446.jpg

[PR]
# by fishzemi | 2010-10-08 17:31 | 浜松キャンパス

多摩川中流の水は?

d0137029_19404049.jpg


 本当は先週行う予定だった東京キャンパスの多摩川実習。雨で流れて今週に。

場所は稲田堤。昨年生徒が81cmのコイをフライフィッシングで釣って驚いた場所です。

ここは度々テレビで多摩川の怪魚などと言われて外来魚が登場する場所です。おさかなポストは開いていませんでしたが、、、、。

水の色を見るとやはり上流とは違いますね。ゴミの量も、、、、、。

今年も大物コイはたくさんいましたが、フライラインでベチャッと水面をたたくと、、、、

あらら、みーんな逃げてしまいました。

 苦労して釣ったのはフライフィッシングの柴田君(3年)お見事。カッコイイですね。

その後、コイの餌釣り組も、ルアーでブラックバス狙い組も、、、、。シーン。

今回は小物組も奮闘。小さなオイカワヤウグイはたくさんいてそれが簡単に掛かるのかと思ったら、、、、。

 こんな小さな魚を釣るのが楽しいなんて、そして掛かったとき、本当に喜んでましたね。

 釣らせていただけるつりぼりとは違った厳しさ、興奮もあったと思います。

頑張ってね。

釣った魚は全部逃がしました。

d0137029_19434199.jpg
d0137029_19434878.jpg
d0137029_19435944.jpg
d0137029_1944660.jpg
d0137029_19441522.jpg
d0137029_19442483.jpg

[PR]
# by fishzemi | 2010-10-03 19:41 | 東京キャンパスレポート
line

フィッシングゼミのご案内・報告です。


by fishzemi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite