クラーク高校フィッシングゼミ

fishzemi.exblog.jp ブログトップ

多摩川での実習


d0137029_1193624.jpg

東京キャンパスは多摩川で実習をしました。朝霞ガーデンからいきなり自然河川での釣りです。つまり今回は釣らせていただける養殖魚ではなく、自然繁殖の天然魚なのです。

多摩川と言えば、東京湾から遡上する天然のアユやマルタが有名です。春休みにマルタを釣った生徒もいました。

もうマルタはいませんが、アユ、ウグイやオイカワ、そしてコイやフナもたくさんいるはずです。

d0137029_11103122.jpg


それを釣るには仕掛けとエサ。場所はここに入りことが分かっているのですから後は腕次第、、、。

ところが、、、、、、、。

釣り開始になっても仕掛け作りでまごまごする生徒が多かったこと、、、、、。

d0137029_11104752.jpg


3年生の橋本龍馬君が一生懸命、教えていました。龍馬君ありがとう。

サット準備して開始すれば、釣れないときになぜ釣れないかなどを考えて、場所を移動したり、ウキ下を変えたりすることができるのですが、、、。場所が分からなかったと遅刻者もいました。地図を渡しているんですけどね。

 でもその迷いもいい経験です。釣りに行かなきゃ道に迷うこともないでしょうし、川原に来ることは絶対にないでしょうから、、、、。

そして今日は二ヶ領宿河原の堰(通称登戸の堰)から落ちる、川の流れの白泡が立てる瀬音などを聞き、α波を体感したことでしょう。

もしかしたら玉砕??

いやいや1年生の佐藤駿君が自前の道具で見事50cm級のコイをゲット。

そういえば昨年、二ヶ領上河原の堰で実習した時は、橋本君のコイ1尾で終了したっけ。

d0137029_1111492.jpg


ヨカッタ。ヨカッタ。


解散後は、、、、


納得いかないという2年生3名が残って奮闘。

谷ケ崎航路くんが、この日のためにと昨年度末からお小遣いをためて買ってきたというニューロッドで見事ゲット。

d0137029_11111738.jpg
d0137029_11112667.jpg
d0137029_1111303.jpg



面目躍如でした。





 
[PR]
# by fishzemi | 2010-06-12 11:09 | 東京キャンパスレポート

コイの猛襲

d0137029_10505631.jpg


さいたまキャンパスフィッシングゼミBグループも快晴の大宮第2公園で実習をしました。

d0137029_10552799.jpg


先週は、モツゴ釣りに来ていて、ヘラブナの大型が釣れたので、それに対抗する準備をしましたが、今度はもっと大きい魚が掛かってしまいました。
d0137029_10515310.jpg

それはコイ。ネリエサの付いた手を洗うとこんなに近くまで寄ってきます。

ヘラブナ釣りの仕掛けでは太刀打ちできません。

黒須先生投げ釣りのロッドで挑戦しましたが、持ってるハリを全部伸ばされてしまいました。
d0137029_10524135.jpg


ヘラブナ仕掛けで切られてしまった生徒も何人かいて

「一撃で切られちゃいました!」と興奮気味。

また幸運にもヘラブナをちゃんと釣った生徒も、、、。

d0137029_10525970.jpg


今回はまさかのモツゴの釣果ゼロ。

d0137029_1053158.jpg


小さいコイは上がるんですけどねえ。大きいのがいるのに小さいの掛かれっていうのも情けないし、、、、。

いい景色、いい環境、いい魚、あとは皆さんの腕だけです。

がんばりましょう。切られちゃった生徒はどうすればキャッチできるのか考えましょう。またこの大きなコイ、すくうネットも必要であることも認識しましょうね。

なんとか釣りたいと思う気持ちは自然科学への第一歩です。


次回の実習はA,Bグループともに上尾園で行います。


d0137029_10545038.jpg


エサはマルキユー製品を使いました。
[PR]
# by fishzemi | 2010-06-12 10:51 | さいたまキャンパスレポート

さいたまキャンパス実習開始


d0137029_10172328.jpg


 6月3日(木)はさいたまキャンパスの釣りゼミAグループの初実習でした。
場所は大宮第2公園のひょうたん池。ここにはコイ、ヘラブナ、ギンブナ、モツゴ、ソウギョなどがいて、釣り客に人気があります。
 さいたまキャンパスから歩いて15分という至近距離にあり、実習には最適です。
 しかしここは釣り堀ではないので、ちゃんと狙ってやらないと釣れません。

適当に仕掛けを作って、適当にエサを付けて、適当に待って、、、、。では釣れないのです。

 釣らせて喜ばせることは釣りゼミの第一目標ではありませんので、野球でいえば今日はキャッチボールの練習ぐらいに考えていきましょうとスタート。

 特別講師には釣りエサの世界的トップメーカー、マルキューから長岡企画部次長が参加してくれて、初心者の指導にあたってくれました。
d0137029_10184581.jpg


d0137029_10382051.jpg


d0137029_1019458.jpg


 さてさて、この日、埼玉の最高気温は27度と夏日を記録しました。とても暑かったです。しかしみんな頑張りました。

 魚が寄ってくるとウキがピクピク動いて、ドキドキしました。

いきなり大物が掛かって切られちゃった人もいました。心臓バクバクです。自分で結んだイトがほどけていました。残念。

 そしてついに最初の1尾が上がったのは、、、。

かわいいモツゴ(クチボソ)でした。

d0137029_10191840.jpg


ウキが動きまくってなかなか掛からないのはこいつの仕業かもしれません。

またまた大物がヒットして、、。長岡さんが玉網を持っていなかったらどうなっていたことでしょう。
生徒はどうしていいのか分からず、私は手伝うことをしない主義なので、なかなか魚は上がってきません。

そして玉網(ネット)に収まったのはデッカイヘラブナでした。

33cm。初めての実習でこのサイズ。野球でいえば練習中にホームラン打っちゃった感じです。

d0137029_10193520.jpg


3時間の実習時間はあっという間に過ぎ、今日は終わり。昨年まで釣りゼミにいた先輩たちが全くいない環境の中、少しづつ努力をして上達していく第一歩でした。

掛かっても途中で落としちゃった生徒や、要領を掴んでモツゴを何匹も釣った生徒。

まったくウキが動かなかった生徒はいなかったのでひと安心。

何度も言うけど少しづつ上達していってください。

いきなりここで実習するよ。と集合させられて、はい釣りなさいと言われたってわけわからなかったでしょ?

今日のテーマ。ここでどんな魚がいるのか。その魚を釣りにはどのような仕掛けでどのようなエサを使ったらいいのか?魚の大きさとハリの大きさは?

大物を釣りたいならそれなりの準備がいるよね。

もうちょっと太いイト、大きなハリ、掛かった魚をすくう玉網。

また小物ならより繊細に、、、、、?

考え、行動することはたくさんあります。 準備されたもので同じことを繰り返していくのも手ですが、一歩先に出たい生徒、自然科学的にとらえたい生徒は、なぜ、どうしたらということをたくさん考えましょう。

来週はBチームがここで釣りをします。

d0137029_1037417.jpg


d0137029_10375776.jpg

[PR]
# by fishzemi | 2010-06-04 10:17 | さいたまキャンパスレポート

朝霞ガーデンでフライフィシング初体験

 
d0137029_19543229.jpg

東京キャンパスでは5月22日(金)に、東京から最も近い管理釣り場「朝霞ガーデン」で実習を行いました。日差しが強く、あわや真夏日になるかという天候でした。

オーナーの木村さんは、クラークの為に定休日の金曜日に実習をさせてくれます。感謝感謝です。

また今日は最初の実習なので、上級生が1年生の指導に回ってくれました。教えることによって自分も上達する。なんて理想的なゼミなんでしょう。

 私たちは、先週学舎でフライを巻きましたが、それで釣れれば最高です。
何人かの生徒は、見事自分のフライでニジマスゲット。そしてこのスパゲティ状のラインを巧みに操り、投げる方法を練習し、それぞれ場感触を得ていました。

 自分のフライに食いついたのだけど、「アワセ」がうまく行かなくて釣れなかった生徒、せっかくヒットしたのにバラシ(外れること)ちゃう生徒。もったいないですね。
 コツを掴んだら次々ヒットさせる生徒、フライをのみ込まれてしまい、外すのに苦労した生徒。
 リリース出来ないほどダメージを負った魚は2年生の崎本蘭さんが「食べるから」と持ち帰りました。
 なんとかクーラーに入る程度に収まってよかったです。

さあこれから釣りシーズンの始まりです。

張りきってまいりましょう。


d0137029_1956532.jpg
d0137029_19561352.jpg
d0137029_1956238.jpg
d0137029_19563018.jpg
d0137029_19564398.jpg
d0137029_19565297.jpg
d0137029_1957133.jpg

[PR]
# by fishzemi | 2010-05-23 19:54 | 東京キャンパスレポート

2010年の始まりは

 2010年。新入生諸君、入学おめでとう。

まだゼミは始まっていないけど、昨年東京キャンパス釣りゼミだった加賀史祐クン(2年)が多摩川のマルタ釣りに参加。

50cm級のマルタをフライフフィッシングでバシバシ釣りまくっていました。

彼はそしてバードウォッチャー。双眼鏡を持参し、鳥の観察をしていろいろと教えてくれました。

d0137029_21455797.jpg

d0137029_2144467.jpg


奥山のページからもマルタ釣りの様子は分かります。

d0137029_21462542.jpg


私も釣りました。みんな、釣りゼミで待ってるぞ。
[PR]
# by fishzemi | 2010-04-10 21:44 | 東京キャンパスレポート

2009年度最後の実習は全員釣果

 
d0137029_21144176.jpg


さいたまキャンパスの本年度最後の実習は、朝霞ガーデンでのトラウトフィッシング。この日の総長は、ななんと雪!
 本当にやるの?と誰からもメールでの問い合わせが来ないところが凄いところです。「オックンのことだから絶対にやるだろうな。」と思っていたのでしょうか?
 みんな私のことをわかって来ているようです。
しかしいつも7時過ぎに来ている張り切りグループが到着したのは8時半。その後ギリギリになって、みんなが集まってきました。
 その頃には雪も止んでしまいました。
 「雪の中で釣りをした。」という経験が、生徒をまた一つ向上させると思っていたのですが、、、、残念。

今日はルアーを持ってみんながいっせいに釣りをしました。
 おや、この人は?なんと岡本キャンパス長です。さりげなくみんなに交じって釣ってました。

d0137029_21183862.jpg
d0137029_2118446.jpg
d0137029_21185197.jpg
d0137029_21185934.jpg

 今日は前回釣れなかった3人をなんとかして釣らせようとするために、上手な2年生が1年生を指導するという方法も取り入れ、驚くべきことに前半でさっとその3人が釣ったので、ひと安心。
 しかしそのあとが大変。なかなか釣れずに、こんなはずじゃなかったと、釣れない生徒が続出。
 ルアーは偽物だから、うなく泳がせないと掛かりません。そんな中、女子生徒はバンバン釣りまくり、、、、。その横で「なんで?」と釣れずに悩む生徒も、、、。
 岡本先生は淡々とそして順調に釣って行き、そろそろ全員が釣ったかなという頃にはタイムアップ!

 朝霞ガーデンの木村社長、教育プログラム、社会貢献として私たちを受け入れてくださいまして本当にありがとうございました。来期も5月からよろしくお願いいたします。

d0137029_21191049.jpg
d0137029_21191879.jpg
d0137029_21192612.jpg



 一人だけ釣れなかった生徒がいたので、2年生が指導のため彼と居残りです。
釣れるまで帰らない。この根性が気合いと情熱を生むのです。
 で、魚料理が大好きな2年生の三浦君がみんなが釣った分を合わせて30尾ほど魚をさばいている間にフィッシュオン! ヨカッタ、ヨカッタ!

d0137029_21193913.jpg

d0137029_21195215.jpg

[PR]
# by fishzemi | 2010-02-19 21:17 | さいたまキャンパスレポート

東京国際釣り博

 
d0137029_22241217.jpg


東京キャンパス今季最後に行った実習は釣り博の見学。
入場直後に、、、あら、いきなり食事を。産地直送の寒ブリ丼や、アナゴ丼、マグロ解体ショ―などなど、お口に魅力的な食事もいっぱい。
 みんなでいつもお世話になっている釣り餌のマルキユーのブースで記念写真を撮り、釣り餌博士、長岡さんの話を聞き、(気持ち悪くない人工素材のイソメがありました。)そして今度はフライフィッシングのブースに行ってフライタイイング(毛鉤巻き)を見せてもらったり、キャスティングを教えてもらったり、、、、。
 はく製ブースではこんなでっかい魚釣ってみたいなあと思うほどのビッグフィッシュと一緒に記念撮影。
 見るもの触るものがみんな新鮮。こんなにお客さんがいるの?と驚くほどのにとででした。
 メガバスのブースには俳優の反町孝史がいたり、先生は最後に歌手のこんな方にも会いました。
d0137029_22262699.jpg


d0137029_22234042.jpg


d0137029_2224331.jpg
d0137029_22244146.jpg
d0137029_2224487.jpg
d0137029_22245728.jpg
d0137029_2225485.jpg

[PR]
# by fishzemi | 2010-02-14 22:23 | 東京キャンパスレポート

陽だまりのコイ釣り



d0137029_23532830.jpg
 今日は久しぶりに浅川に行きました。早朝は寒かったのでサボりの生徒もいましたが、、、。

 今日のテーマは

 「釣らせてあげる」

いつもは各自が自由に釣って、私も指導をするのですが、小物釣りをしている生徒も今日は大物コイ狙い。

普段はフライフィッシングをやるほど余裕のある生徒が、指導に回りました。

特に、女子が釣らないと解散しないという厳しい条件を付けたため、ベテラン男子は必死。

で、ちゃんと自力で釣らせたのだから立派です。

大物の強烈な引きを味わい、信じられない狂喜の悲鳴を上げていました。本当は静かにやったほうがいいのにね。

対岸にいたおじちゃんたちはさぞかし、迷惑だったことでしょう。


d0137029_2354444.jpg
d0137029_23541547.jpg
d0137029_2354259.jpg
d0137029_23543232.jpg
d0137029_23544081.jpg
d0137029_23545485.jpg
d0137029_2355689.jpg

[PR]
# by fishzemi | 2010-02-05 23:53 | 東京キャンパスレポート

浜松から神奈川までトラウトフィッシング


d0137029_23415447.jpg

 浜松キャンパスは釣りゼミで、はるばる開成水辺フォレストスプリングスを訪れました。
 彼らは希望でルアーとフライに分かれました。この1月からの転入生で釣りが初めて、等生徒もいましたから、私が担当しました。

「釣りで幸せになる。」

「釣りって凄く面白いんだ。」

ということを知ってもらうためです。

で、魚を触れないと言っていた女子も、特に趣味がないと言っていた男子も、、、、。

奥山マジックで連発!!!

ただし

運動神経、反射神経が最初は追いつかず????

バラシの連発でした。

結果、女子は20数発掛けて5尾とか、、、。

自力で釣った魚もいて、きっといい経験になったことでしょう。と思ったのは私だけでしょうか?

赤身が美味しいメイプルサーモン系のニジマスなので、持ち帰るために、さばき教室もやりました。

お腹が空いたと、昼食の注文はみな大盛り、さすがは若さだね。


午後はルアー班のメンバーで、フォレストオリジナルルアーを購入。水面でルアーに食いついてくるトップウォーターを楽しんでました。

d0137029_23423298.jpg
d0137029_23423961.jpg
d0137029_23424791.jpg
d0137029_23425649.jpg
d0137029_234362.jpg
d0137029_23431831.jpg
d0137029_23432959.jpg
d0137029_23433779.jpg

[PR]
# by fishzemi | 2010-02-05 23:42 | 浜松キャンパス

でたぁ~!

d0137029_1944662.jpg


今日は東京キャンパスの実習で朝霞ガーデンに集合しました。

東京キャンパスの面々はフライフィッシング。先週巻いたフライで釣ってみようというもくろみです。

自前のロッドを持つ生徒も何人かいて、やる気満々。

平均サイズのニジマスは次々に釣れました。

で、「先生!釣れました!」と吉報が入り、行ってみるとそこには大きな

イトウが

釣ったのは2年生の橋本君。フライは私がバビーンリバーでスティールヘッドォ釣るために使用していたブラックのゾンカーです。

あれ、このフライ、1年生に上げたつもりだったのに。

実は橋本君、1年生のゾンカーのついたロッドを拝借し、こうやってね、と説明しているときに釣れちゃったとか、、、。

ちょっと細いけど75cm。りっぱりっぱ。

クラークレコードはルアーで76cm、フライ75cmとなりましたが、コイはフライで82cmというのが釣れています。

この日はキャスティング練習もいっぱいしました。徐々に上達してきています。

春になったら渓流に出かけようとも思っています。



d0137029_1933637.jpg


d0137029_1941745.jpg
d0137029_1942597.jpg
d0137029_1943269.jpg

[PR]
# by fishzemi | 2010-01-29 19:03 | 東京キャンパスレポート
line

フィッシングゼミのご案内・報告です。


by fishzemi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite